[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 世界が乞う名将、井村雅代は何が凄いのか 「なぜ、できない」で終わらない伝える力

世界が乞う名将、井村雅代は何が凄いのか 「なぜ、できない」で終わらない伝える力

水泳の世界選手権(ブダペスト)で大会初日からプールを華やかに彩っているシンクロナイズドスイミング。世界の頂を目指す日本代表「マーメイドジャパン」を率いているのが、言わずとしれた井村雅代ヘッドコーチ(HC)だ。

【短期連載第2回】教え子の元五輪代表・青木愛さんが語る「シンクロの母」の眼力

 水泳の世界選手権(ブダペスト)で大会初日からプールを華やかに彩っているシンクロナイズドスイミング。世界の頂を目指す日本代表「マーメイドジャパン」を率いているのが、言わずとしれた井村雅代ヘッドコーチ(HC)だ。

 長年、日本シンクロ界を牽引し、世界的な強国に育て上げた。その後に指導した中国代表、イギリス代表でも結果を残し、14年から日本代表コーチに復帰。世界的に評価される「日本シンクロ界の母」は、なぜ、ここまで強いチームを作れるのだろうか。

 井村HCの下、08年北京五輪で5位入賞した青木愛氏は恩師の凄みについて、こう語る。

「一言では言い表せませんが、何と言っても指導者としてのオーラがすごいです。そして、選手のちょっとした変化にも必ず気付いて下さいます」

 一般的にイメージされるのが、練習中に選手を激しく叱咤するシーンだろう。しかし、実際の指導には厳しさの裏にある細やかさを感じていたという。

「全てが緻密です。できなかったら、できるまでとことん付き合う。なぜできないのか、とことん突き詰める。そして、選手にとっては『確かに』と思うことばかりなので、逃げられない。このように、選手を突き詰め、『やるしかない』という状況にし、とことん付き合う。そのようなサイクルで選手を成長させて下さる印象です」

 選手の「なぜ、できないのか」という思いのままで終わらせず、徹底的に向き合う。こうして数々の名選手を生み出し、「シンクロ・ニッポン」を築き上げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー