[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大学サッカー界の雄が、長友ら育てた名トレーナーを招いた理由「ビジネス界でも…」

昨年総理大臣杯を制覇した明大サッカー部は16日と17日の2日間、静岡県・清水合宿でシーズンインキャンプを行なった。今回の強化合宿にはスペシャルゲストとして、プロトレーナーの木場克己氏が招聘された。同大学OBのガラタサライDF長友佑都らトップアスリートも師事する名トレーナーを、大学サッカー界の雄が招いた理由とはいったい何だったのか――。

プロトレーナーの木場克己氏(左)と明大サッカー部の栗田大輔監督【写真提供:KOBAスポーツエンターテイメント】
プロトレーナーの木場克己氏(左)と明大サッカー部の栗田大輔監督【写真提供:KOBAスポーツエンターテイメント】

明大サッカー部がキャンプにプロトレーナーの木場氏を招聘

 昨年総理大臣杯を制覇した明大サッカー部は16日と17日の2日間、静岡県・清水合宿でシーズンインキャンプを行なった。今回の強化合宿にはスペシャルゲストとして、プロトレーナーの木場克己氏が招聘された。同大学OBのガラタサライDF長友佑都らトップアスリートも師事する名トレーナーを、大学サッカー界の雄が招いた理由とはいったい何だったのか――。

【PR】日本人初の世界一! 大坂なおみも出場のWTAツアーを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「2月3日にシーズンインを迎えましたが、今回の合宿の目的は2つありました。まずはチームの意識レベルを高める。そして、部員全体のベクトルをしっかり揃える。第2は怪我をしないカラダ作りです。開幕まで2週間。改めて木場トレーナーを呼ぶことで、カラダとの向き合い方を考える機会になりました」

 明大サッカー部の栗田大輔監督はこう語った。木場克己氏は体幹、体軸、バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)らトップアスリートを指導。日本郵政女子陸上部もアドバイザーとして指導し、2016年に創部3年目で全日本実業団女子対抗駅伝(クイーンズ駅伝)優勝に導いたスペシャリストだ。

 トップアスリートのみならず、U-20日本代表FW久保建英(FC東京)やレアル・マドリードの下部組織に所属する中井卓大ら育成年代のエリートも指導する木場氏は、今回の清水合宿初日に座学スタイルで3時間指導した。

 設定されたテーマは、「サッカーにおいて、体幹とバランスをいかに活用し、個々のトレーニングにおいてはどの筋肉を意識すべきか」。また「なぜ、長友はサッカー選手として成長したのか」だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集