[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、IT企業だった? 元「由伸2世」決断のワケ 採用者「将来は独立して構わない」

昨秋のプロ野球ドラフト会議で指名漏れし、野球を引退した前四国IL徳島の谷田成吾さんが“ITマン”に転身したことが分かった。東京・六本木に本社を置くIT企業「ショーケース・ティービー」に今月から入社。現役時代は「由伸2世」の異名で脚光を浴びたスラッガーは20社以上の誘いを受けながら、なぜIT企業を第二の人生を選んだのか。

IT企業「ショーケース・ティービー」に入社した谷田成吾さん【写真:編集部】
IT企業「ショーケース・ティービー」に入社した谷田成吾さん【写真:編集部】

報告するたびに驚かれたIT企業挑戦…20社以上のオファーから選んだ理由

 昨秋のプロ野球ドラフト会議で指名漏れし、野球を引退した前四国IL徳島の谷田成吾さんが“ITマン”に転身したことが分かった。東京・六本木に本社を置くIT企業「ショーケース・ティービー」に今月から入社。現役時代は「由伸2世」の異名で脚光を浴びたスラッガーは20社以上の誘いを受けながら、なぜIT企業を第二の人生を選んだのか。

【PR】日本人初の世界一! 大坂なおみも出場のWTAツアーを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 入社が決まった後、谷田さんはお世話になる人に報告する度、驚かれたという。保険、マスコミ、メーカー……。誘いを受けた企業は20社以上。なかには有名企業もあった。しかし、専門的知識がある訳ではない「IT」を生業とする企業に決めたからだ。その裏には「挑戦」と「成長」に対する思いがあったという。

 最初は右も左も分からかなかったビジネスの世界。話をもらった企業とは全員と会い、話を聞いた。第二の人生で何を成し遂げたいのか。自問自答するうちに「自分で何かを創り上げるような仕事をしたい」と軸ができた。そんな話を就職活動の相談に乗ってもらっていた先輩にすると、「ショーケース・ティービー」で執行役員を務める福山敦士さんを紹介された。

「最初は今後について相談させてもらっていたけど、社会人としてやりたいことのありったけを伝えさせていただいた。話していくうちに『それなら、うちでやってみないか』と。ITに関する知識はほとんどない。でも、やっぱり次の道でもいろんなことにどんどんと挑戦をしてみたかった。ここなら、早いうちから挑戦できる環境があると思いました」

 福山さん自身、慶応高時代、05年センバツに出場。投手として登板し、8強入りした経験を持つ。慶大準硬式野球部を経て、サイバーエージェントに入社。1年目からグループ会社の立ち上げに参画し、27歳で独立(株式会社レーザービームを設立)。29歳で2度のバイアウトを行い、ショーケース・ティービーの執行役員となった敏腕ビジネスマンだ。一方でビジネス書の作家、プロ野球選手のマネジメントも手掛けている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集