[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元「由伸2世」がITマンに転身 第二の人生に決意「次の世界では『谷田成吾』として」

昨秋のプロ野球ドラフト会議で指名漏れし、野球を引退した前四国IL徳島の谷田成吾さんが“ITマン”に転身したことが分かった。東京・六本木に本社を置くIT企業「ショーケース・ティービー」に1月から入社。現役時代は「由伸2世」の異名で脚光を浴びたスラッガーは「次の世界では『谷田成吾』として認知してもらえるように」と第二の人生の決意を語った。

IT企業「ショーケース・ティービー」に入社した谷田成吾さん【写真:編集部】
IT企業「ショーケース・ティービー」に入社した谷田成吾さん【写真:編集部】

ドラフト指名漏れで引退、IT企業「ショーケース・ティービー」に入社

 昨秋のプロ野球ドラフト会議で指名漏れし、野球を引退した前四国IL徳島の谷田成吾さんが“ITマン”に転身したことが分かった。東京・六本木に本社を置くIT企業「ショーケース・ティービー」に1月から入社。現役時代は「由伸2世」の異名で脚光を浴びたスラッガーは「次の世界では『谷田成吾』として認知してもらえるように」と第二の人生の決意を語った。

【PR】日本人初の世界一! 大坂なおみも出場のWTAツアーを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 神宮の杜を沸かせたスラッガーが、六本木から第二の人生をスタートさせた。谷田さんは今月からITサービスの構築を手掛ける「ショーケース・ティービー」に入社。スーツにネクタイを締め、仕事に取り組んでいるが、数字と格闘することが多い。「今は覚えることだらけ。打率以上の計算はする機会がなかったので……。でも、充実して仕事させていただいています」と冗談めかして笑った。

「指名がなければ引退」と決めた昨秋ドラフト会議で名前を呼ばれず、潔くユニホームを脱いだ。就職活動を始めると、知名度も手伝い、20社以上から話をもらった。保険、マスコミ、メーカー……。活動を進める中、知人を介して慶応高、慶大の先輩で甲子園出場経験もある同社執行役員の福山敦士さんと出会い、「一番早く挑戦できる環境がある」と魅力を感じ、入社を決めた。

 挑戦を続けた野球人生をビジネスに生かす。慶応高、慶大、JX-ENEOSと全てのカテゴリーで日本代表に選ばれ、東京六大学通算15本塁打を放った大学時代はドラフトでまさかの指名漏れ。2年後のプロ入りを目指した社会人でも声がかからず、3年目の昨年は正社員の待遇を捨て、名門JX-ENEOSを退社。クラウドファンディングの力も借り、米マイナーのトライアウトに挑戦した。

 夢が叶いはしなかったが、「プロ野球選手になる」という目標に最大限の情熱を注ぎ、時には批判も受けながら、誰よりも努力してきた自負がある。「最後までプロ野球を目指して、主体的にやり抜いてきた。目標を立てて、課題を認識し、練習に取り組み、チェックするというPDCAのサイクルは野球にも近い。その経験をビジネスに活かして、会社に貢献したい」と思い描いた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集