[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【惜別手記】闘莉王、日本国籍の取得決意は「能活さんがプレーする代表に憧れて」

J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活は14日に現役引退記者会見に臨んだ。日本代表がベスト16入りした、2010年南アフリカワールドカップでチームメートだったDF田中マルクス闘莉王(J2京都サンガF.C.)は「THE ANSWER」で炎の守護神に惜別の手記を残している。

引退を発表した川口(左)に憧れて日本国籍取得を決意したという闘莉王【写真:Getty Images】
引退を発表した川口(左)に憧れて日本国籍取得を決意したという闘莉王【写真:Getty Images】

川口能活と共に日の丸を背負った闘莉王が惜別の手記

 J3のSC相模原に所属する元日本代表GK川口能活は14日に現役引退記者会見に臨んだ。日本代表がベスト16入りした、2010年南アフリカワールドカップでチームメートだったDF田中マルクス闘莉王(J2京都サンガF.C.)は「THE ANSWER」で炎の守護神に惜別の手記を残している。

 ◇ ◇ ◇

 能活さんの現役引退を聞いて、本当に寂しい気持ちになりました。まだやれるでしょう。まだまだできるはず。自分はそう思っています。

 そもそも、自分が語っていいような選手ではありません。選手としても人間としても本当に偉大な存在です。日本代表で一番好きなユニフォームは日本がワールドカップ初出場を決めた炎のユニフォーム。能活さんはキーパーだったので、緑色のユニフォームだったけれど、その姿は今でも忘れていません。能活さんがプレーしている日本代表に憧れて、自分は日本国籍を取得しようと決意しました。

 Jリーグの舞台では何度も対戦しました。フィールドでは挨拶していたけれど、確かオシムさんの時の日本代表で初めてチームメートになりました。

 選手として、どれだけ素晴らしいのかは自分が言うまでもないでしょう。対戦相手としては、試合中に味方にも怒鳴る、熱い人というイメージだった。でも、実際に話してみると、すごくいい人だったので驚きました。尊敬できる人格者ですが、ちょっと天然なところもあります。後輩からいじられても許してくれる懐の広さがありました。そのギャップも最高でした。本当に人間味が溢れていて、誰からも好かれる人でした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集