[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 【現地記者の目】村田諒太、V2戦は将来左右する大一番 勝てばミドル級戦線トップへ

【現地記者の目】村田諒太、V2戦は将来左右する大一番 勝てばミドル級戦線トップへ

ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者・村田諒太(帝拳)がラスベガスで迎える2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)は近未来を左右するほど重要な意味を持つファイトである。対戦相手のロブ・ブラント(米国)が確かな実力を持つ選手だからというだけではない。この試合の結果、内容いかんで、これまで世界ミドル級のバイプレーヤー的存在だった日本の元金メダリストが、メインキャラクターに近い位置まで躍進する可能性があるからだ。

WBA世界ミドル級正規王者・村田諒太【写真:Getty Images】
WBA世界ミドル級正規王者・村田諒太【写真:Getty Images】

在米ライター杉浦大介の目―ミドル級は今まさに“群雄割拠の時

 ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者・村田諒太(帝拳)がラスベガスで迎える2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)は近未来を左右するほど重要な意味を持つファイトである。対戦相手のロブ・ブラント(米国)が確かな実力を持つ選手だからというだけではない。この試合の結果、内容いかんで、これまで世界ミドル級のバイプレーヤー的存在だった日本の元金メダリストが、メインキャラクターに近い位置まで躍進する可能性があるからだ。

 名実ともに備えた選手が揃う世界ミドル級戦線だが、この約1か月で急激に混沌とした感がある。まず9月15日には“階級最強”の称号を欲しいままにしてきたWBAスーパー、WBC王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)が、微妙な判定ながらサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)に敗れて初黒星。さらに9月下旬には、WBO王者ビリー・ジョー・サンダース(英国)がドーピング検査で陽性反応を示し、10月11日にはタイトルの返上を発表した。

 今後、10月20日にはボストンでWBO、27日にはIBFの王座決定戦が行われる予定。結果として、9月から現在までの間に、WBA正規王者を保持する村田、WBC暫定王者のジャモール・チャーロ(アメリカ)を除くすべての同級タイトルホルダーが一新されることになる。米国内でも伝統のある階級は、今まさに“群雄割拠の時代”を迎えているのだろう。

 とりあえずはカネロがゴロフキンから階級NO1の座を引き継いだ形だが、まだ絶対的な存在とは言えない。試合のたびにビッグマネーを生み出す人気者ということもあり、対戦を避けられるタイプの選手でもない。今後、3度目の対決を目指すゴロフキンだけでなく、チャーロ、サンダース、さらには20日のWBO王座決定戦に出場するデメトリアス・アンドラーデ(米国)、27日のIBF王座決定戦で激突するダニエル・ジェイコブス(米国)、セルゲイ・デレビャンチェンコ(ロシア)といった同級の強豪たちは一斉にカネロとのビッグファイトを目指すことになる。ミドル級で“最強王者”を目指す村田も、カネロ挑戦希望であることは、カネロ対ゴロフキン再戦後に帝拳ジムの本田明彦会長が明言していたことでもある。

1 2 3

杉浦 大介

1975年、東京都生まれ。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、ボクシング、MLB、NBAなどを題材に執筆活動を行う。主な著書に「日本人投手黄金時代 メジャーリーグにおける真の評価」(KKベストセラーズ)、「イチローがいた幸せ」(悟空出版)。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー