[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • がん公表から8年目で“復帰” 元大宮DF塚本泰史「諦めずに続けて良かった」

がん公表から8年目で“復帰” 元大宮DF塚本泰史「諦めずに続けて良かった」

闘病とリハビリを乗り越え、ついにピッチに立った。大宮アルディージャのクラブ創立20周年記念OBマッチが24日に行われ、大宮OBが2-1で浦和OBに勝利した。中でも、NACK5スタジアム大宮に駆け付けたファン、サポーターから拍手と声援を受けたのは、闘病からの「復帰」の場となった大宮の塚本泰史アンバサダーだった。

大宮アルディージャのクラブ創立20周年記念OBマッチに出場した塚本アンバサダー【写真:平野貴也】
大宮アルディージャのクラブ創立20周年記念OBマッチに出場した塚本アンバサダー【写真:平野貴也】

2010年シーズン前に罹患を公表

 闘病とリハビリを乗り越え、ついにピッチに立った。大宮アルディージャのクラブ創立20周年記念OBマッチが24日に行われ、大宮OBが2-1で浦和OBに勝利した。中でも、NACK5スタジアム大宮に駆け付けたファン、サポーターから拍手と声援を受けたのは、闘病からの「復帰」の場となった大宮の塚本泰史アンバサダーだった。

 試合後は「できて当たり前だったことができなくなり、本当に辛かったけど、サポーターの皆さんが、どんなときも支えてくれた。(Jリーグでのプレーに復帰するという)思い描いていた物とは違うかもしれないけど、諦めていたら、皆さんの前で、このスタジアムでサッカーをすることはできなかったと思います。諦めずに走り続けて良かった」と感謝を示した。

 塚本アンバサダーは、浦和東高、駒澤大を経て2008年に加入。2年目の2009年に直接FKを得意とする右DFとして活躍したが、翌年のシーズン開幕前に右大腿骨骨肉腫(骨にできる、がん)の罹患を公表。人工関節の移植手術、抗がん治療を行うため、ピッチを離れた。「もう一度、ピッチに立つ」ことを目標にリハビリとトレーニングを続け、がん公表から8年目、ついにピッチに立った。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー