[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「0-114」から目指す花園― 元日本代表主将が石巻工に伝えたこと「1か月で変われる」

「0-114」から目指す花園― 元日本代表主将が石巻工に伝えたこと「1か月で変われる」

気温17度。すっかり秋の気配を漂わせる宮城・石巻工業のグラウンドに、ラグビー部の熱い声が響いた。その中心で満足そうに見つめていたのが、ラグビー元日本代表主将・菊谷崇氏だ。「いい時間を過ごせたんじゃないかと思います」。すっかり日の落ちたグラウンドで、石巻の戦士たちのはつらつとした姿に充実感を漂わせた。

石巻工業のラグビー部員と元日本代表主将・菊谷崇氏は、2日間濃密な時間を過ごした【写真:編集部】
石巻工業のラグビー部員と元日本代表主将・菊谷崇氏は、2日間濃密な時間を過ごした【写真:編集部】

元日本代表主将・菊谷崇氏が1年ぶりの石巻訪問

 気温17度。すっかり秋の気配を漂わせる宮城・石巻工業のグラウンドに、ラグビー部の熱い声が響いた。その中心で満足そうに見つめていたのが、ラグビー元日本代表主将・菊谷崇氏だ。「いい時間を過ごせたんじゃないかと思います」。すっかり日の落ちたグラウンドで、石巻の戦士たちのはつらつとした姿に充実感を漂わせた。

 菊谷氏が同校を訪れたのは10、11日の2日間。33人の部員と、短くも濃密な時間を過ごした。昨年10月の全国高校ラグビーフットボール大会宮城県予選の決勝直前の訪問以来、約1年ぶりの再会。東京―石巻、離れている間は遠隔指導ツールを活用し指導を続けてきた。代替わりしているとはいえ、残っているメンバーに知った顔も多い。日本代表68キャップを誇る、ラグビー界のレジェンドの顔も自然とほころんでいった。

 菊谷氏は2016年に東日本大震災の東北支援活動が減少傾向にある中、「東北のために力になりたい」との想いから支援活動を決断。公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」に、キヤノンイーグルスの代表として賛同を表明したのがきっかけ。以来、石巻に足を運び続けて今年が3年目だ。

 同校は8日に宮城県予選の準々決勝を終えたばかり。33-15で利府を破り、準決勝に駒を進めていた。初日の10日はあいにくの悪天候ということもあり、校内で座学を行った。まずは昨年、菊谷氏と共に同校を熱血指導したキヤノンの天野寿紀から届いたビデオメッセージが紹介された。

「初戦突破おめでとうございます。ミスはみんなでカバーして助け合って、どんな相手でもチャレンジしていくこと。出られない仲間のためにも、フィールドに立つ15人は自分たちのラグビーを信じてやって欲しい。応援しています」

 昨年は直接、指導を受けた天野からの熱いメッセージ。花園出場を目指す生徒たちも、ひときわ精悍な顔つきに変わっていった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー