[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三笘薫を日本屈指のドリブラーにした筑波大の4年間 進化を加速させた2つの変化

11月1日にカタール・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表メンバーが発表され、日本のサッカー界では4年に1度の大舞台に向けたニュースに事欠かない日々が続いている。DF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)の負傷離脱と、それに伴う追加招集に異なるポジションのFW町野修斗(湘南ベルマーレ)が選ばれたことで、森保一監督の戦術面についての議論が交わされ、遠藤航(シュツットガルト)の身には重度の脳震盪というアクシデントが起こった。クラブ側からのリリースを読む限り大事には至らなそうで、胸を撫で下ろすファンも多かったことだろう。

サッカー日本代表の三笘薫【写真:ロイター】
サッカー日本代表の三笘薫【写真:ロイター】

W杯に挑む三笘薫、恩師や本人の言葉から振り返る大学時代に飛躍した要因

 11月1日にカタール・ワールドカップ(W杯)に臨む日本代表メンバーが発表され、日本のサッカー界では4年に1度の大舞台に向けたニュースに事欠かない日々が続いている。DF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)の負傷離脱と、それに伴う追加招集に異なるポジションのFW町野修斗(湘南ベルマーレ)が選ばれたことで、森保一監督の戦術面についての議論が交わされ、遠藤航(シュツットガルト)の身には重度の脳震盪というアクシデントが起こった。クラブ側からのリリースを読む限り大事には至らなそうで、胸を撫で下ろすファンも多かったことだろう。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 トータルで見ると、やや不安を助長する知らせが多いが、そのなかでポジティブなニュースを日本に届け続けているのが、イングランド・プレミアリーグのブライトンに所属する三笘薫だ。

 現地時間5日の第15節ウォルバーハンプトン戦はプレミア初ゴールを含む3得点すべてに絡み、9日のカラバオカップ3回戦ではアーセナル相手にネットを揺らし、公式戦2試合連続ゴールを決めてみせた。

 筑波大学卒業後に加入した川崎フロンターレでの1シーズン半で申し分ない活躍を示し、2021年夏に国外移籍を果たして最初の舞台となったベルギーでもその力を発揮した。細かな足技を持つわけではないが、独特な間合いと相手の重心の逆をついてかわすドリブルで、対峙した守備者を置き去りにしていく。今や説明する必要のないこのストロングポイントは、現在彼が身を置いている世界最高峰と言われるプレミアリーグでも十分に通用している。

 まもなく始まるW杯本大会でも、日本の攻撃陣を牽引することが期待されている三笘だが、彼がここまでの選手になった背景には大学時代の躍進が大きい。

「凄いのはスキル、ボールを扱うところもそうだけど、相手が“分かってても抜かれる”ドリブル。DFからすると止まっていたら仕掛けられるし、突っ込んだらかわされる。相手を見て自分の身体を変えられるところですよね。一言でどんな能力かと言われると、相手と逆を取り続けられることになると思うんですよね」

 筑波大学の小井土正亮監督は、三笘の能力についてこう語っていた。

 ただ、「(大学で)凄く伸びたとは思っていない」とも言う。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集