[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 「将来的に日本代表の柱に…」 ラグビー界のレジェンドが期待する23歳の新星とは?

「将来的に日本代表の柱に…」 ラグビー界のレジェンドが期待する23歳の新星とは?

ラグビー日本代表は今月、イタリア代表とジョージア代表を迎え、国内でテストマッチ3連戦(9日、16日、イタリア、23日、ジョージア)を行なう。2019年の日本でのW杯を1年後に控える中で、ラグビー界のレジェンド3選手がこの3連戦の見どころ、注目ポイントを「THE ANSWER」に語った。

(左から)小野澤宏時さん、箕内拓郎さん、菊谷崇さん【写真:編集部】
(左から)小野澤宏時さん、箕内拓郎さん、菊谷崇さん【写真:編集部】

3人で197キャップを誇るレジェンドが6月のテストマッチ3連戦の見どころを語る

 ラグビー日本代表は今月、イタリア代表とジョージア代表を迎え、国内でテストマッチ3連戦(9日、16日、イタリア、23日、ジョージア)を行なう。2019年の日本でのW杯を1年後に控える中で、ラグビー界のレジェンド3選手がこの3連戦の見どころ、注目ポイントを「THE ANSWER」に語った。

 次々と強豪を破り、日本中を感動の渦に巻き込んだW杯イングランド大会から3年。日本での世界一決定戦を翌年に控え、今季初のテストマッチ、欧州の2チームを相手にジェイミー・ジャパンはどんな戦いを見せるのか注目が集まっている。

「ブリングアップラグビーアカデミー」(東京・調布市)を主催するラグビー元日本代表の箕内拓郎さん、小野澤宏時さん、菊谷崇さんという、3人合わせて日本代表197キャップを誇るレジェンドプレーヤーたちは、本番で当たる欧州の強豪を仮想したこの両国との対戦をどう位置付けているのだろうか。

 世界ランキングでは日本が11位に対して、ジョージアは12位、イタリアは14位とわずかに日本が上回っている。ホームのアドバンテージも考えれば、日本には3連勝を期待したくなるところだが……。2試合を戦う、イタリア代表についてはこう見ている。

「互角と見ていいのではないでしょうか。少し前まではイタリアのほうが強いのかな、という印象もありましたけど、2014年は勝ってますからね」(菊谷さん)

「イタリアはバックスの強化にも力を入れている。監督が代わってからは特に展開するラグビーになってきた。昔はFW一辺倒でしたが、BKにも展開力が出てきた。ややこしい相手ですね。シックスネーションズでももまれていますし」(箕内さん)

 イタリア代表は、北半球最強の6か国対抗リーグ戦「シックスネーションズ」で5戦全敗だったが、強敵とのマッチアップを重ね着実に力をつけている。日本の力を測るには格好の相手だ。前回W杯の前年2014年の6月にも対戦し、26-23で初勝利を挙げている。前回以上を目指す上では、勝利という結果が求められる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー