[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

国境を越えて虜にする大谷翔平の人間性 “自称No.1”エ軍ファンが球場で目撃した行動

米大リーグで5年目のシーズンを送るエンゼルス・大谷翔平投手は、野球の常識を覆す投打二刀流で地位を確立。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿は、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了する。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

カメラマンでもあるエンゼルスファン、ピート・ソトさんが撮影した「最もお気に入り」の大谷翔平【写真:本人提供】
カメラマンでもあるエンゼルスファン、ピート・ソトさんが撮影した「最もお気に入り」の大谷翔平【写真:本人提供】

連載「人間・大谷翔平の肖像」第2回は海外ファン 本拠地試合に毎試合足を運ぶ米国人男性

 米大リーグで5年目のシーズンを送るエンゼルス・大谷翔平投手は、野球の常識を覆す投打二刀流で地位を確立。礼儀正しく、少年のようにプレーを楽しむ姿は、日米の野球ファンのみならず、老若男女を魅了する。なぜ、この男はそれほどまでに愛されるのか。「THE ANSWER」の連載「人間・大谷翔平の肖像」はシーズン中、さまざまな立場から背番号17を語る記事を掲載。実力だけじゃない魅力を紐解き、大谷のようなトップアスリートを目指すジュニア世代の成長のヒントも探る。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 大谷に声援を送っているのは、日本人ばかりではない。第2回は、2人の海外ファンをクローズアップ。前編で紹介する1人目は、米国人男性のピート・ソトさんだ。9歳からエンゼルス一筋。エンゼルスタジアムでの試合は、毎試合欠かさず球場で観戦するという熱狂的ファンだ。これまで多くの選手を応援してきたが、大谷が特別な選手であると気付いた瞬間や、実際に球場で見るからこそ感じる魅力について語ってもらった。(取材・文=THE ANSWER編集部・和田 秀太郎)

 ◇ ◇ ◇

 取材の候補日を7日ほど設定した。しかし、インタビュー可能と返答があったのは1日のみ。それはエンゼルスが移動日で試合のない日だった。

 24歳のソトさんは9歳からエンゼルス一途。子供の頃はエンゼルスタジアムから徒歩5分の場所に住み、「エンゼルスは俺の命」「自分より熱狂的なファンに会ったことがない」とまで語る。本業はカメラマンで、プライベートで訪れた今季のアリゾナキャンプでは選手の撮影を楽しんだ。「朝起きてから夜寝るまでエンゼルスに時間を使っている」といい、今まで費やしてきた金額を聞くと「数えきれないくらいだ。ショウヘイ・オオタニの契約金と同じくらいかな」と冗談半分に笑った。

 本拠地は毎試合観戦。2010年にエンゼルスに在籍した松井秀喜氏のサヨナラ安打も目撃した。「あれはアスレチックス戦だったよね」と記憶も確か。そんな愛するチームに2017年オフ、二刀流の看板を引っ提げて1人の日本人「Shohei Ohtani」がやってきた。

 当時、複数球団が獲得に動いた23歳の若武者が、挑戦の地に選んだのがアナハイム。その時の心境を「驚いたよ。衝撃的だった。エンゼルスに入るとは思わなかった。嬉しかった」と明かすソトさん。同時に、現代のメジャーリーグで例のない二刀流には「忙しいし、大変だから難しいと思ったよ。ベーブ・ルース以来のことだしね。1900年代初めの出来事。見たことがなかった」と懐疑的だった。

 しかし、そんな疑念はすぐに晴らされた。本拠地開幕戦の第1打席で初本塁打。そして、ソトさんの心が掴まれたのは、その5日後だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集