[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

突き動かす亡き親友・平尾誠二への思い 日本ラグビーの未来担うリーグワン理事長の情熱

リアルの世界の重要性を説いた玉塚理事長【写真:高橋学】
リアルの世界の重要性を説いた玉塚理事長【写真:高橋学】

今の時代だからこそラグビーのリアルな感覚は大事

 子供たちの普及・育成への強い思いには、ビジネスマンを離れた実体験が反映されている。そこにあるのは、父親としての眼差しだ。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「長男が今、中学生なんです。小学校では野球をやっていました。でも少年野球って、すごくチーム運営や指導が長い時間をかけてでき上がっていて、すべてを指示通りにやらないといけない。アメリカのスポーツという性格もある。息子の試合を見に行った時、『チラチラとベンチばかり見てねぇで、自分の頭で考えろ!』と怒鳴ったら、その晩は息子が口きいてくれなかった。もちろん野球も素晴らしいスポーツです。でもラグビーって、フィールドに出ればすべて自己責任じゃないですか。あの感覚、自分の頭で考えて何かをやることって、今の時代でも大事じゃないかな。

 息子は中学ではラグビーを始めています。ラグビーをやりながら、それでもゲームやるでしょ。デジタルの世界です。でも、膝小僧擦りむいて、勝った負けたで、この前も泣いたりしていたけど、仲間ができて、すごくリアルでね。僕も前職では、eスポーツに関わっていた立場ですが、今の時代だからこそリアルなチームスポーツで汗を流したり、勝ち負けで泣いたり笑ったり、友だちとハイタッチするようなことが、すごく大事だと思います。いろんな公民館に行って、お父さんお母さんに『お子さんにラグビーやらせましょう』って講演したいくらいですよ」

 厳しい実業界の最前線を走り続けながら、生産性という価値観とは別世界のようなラグビーが子供たちにもたらす“楕円の果実”を、このビジネスマンは忘れていない。ラグビー界の伝説の男が残した金言を思い出す。

「ラグビーは少年をいち早く男にし、そして男に少年の心を宿す」

 1970~80年代に活躍したフランス代表FLジャン=ピエール・リーヴの言葉だ。20年以上、取材でラグビーフィールドを渡り歩くなかで、こんな男たちに何度も出会った。故人ばかりだが、玉塚理事長の慶大時代の監督だった上田昭夫さん、早大のタックルマン・石塚武生さん、平尾さんもダンディさの中に少年の面影を湛えていた。

 大人の決断力・判断力と、ラグビー少年が持つ夢を貪るような熱と欲望の両方を持ち合わせる男たち――。日本ラグビーの未来を担う新リーグのトップにも、同じ匂いがする。

(吉田 宏 / Hiroshi Yoshida)

1 2 3 4

玉塚元一

一般社団法人ジャパンラグビーリーグワン理事長 
1962年5月23日生まれ、東京都出身。中学からラグビーを始め、慶應大でフランカーとして活躍。1984年度の全国大学選手権で準優勝した。卒業後は旭硝子(現・AGC)へ入社しビジネスマンとしての第一歩を踏み出すと、ファーストリテイリングやローソンなどのトップを歴任。現在はロッテホールディングス代表取締役社長を務める傍ら、今年10月に一般社団法人ジャパンラグビーリーグワンの理事長に就任した。

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集