[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

走りを通じて学べる、人生に大切なこと 元五輪選手が宮古の子供たちと過ごす半年間

元オリンピック選手と東北の子どもたちが“走り”で成長を目指し、交流する。距離を越えた取り組みが再び、始まった。20日、岩手・宮古の陸上競技場。この場所で行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場したのは、2004年アテネ五輪陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広さんだ。遠隔指導ツール「スマートコーチ」を使ってかけっこ指導をする、半年間のプログラムのスタートを切った。

伊藤友広さんが2年ぶりに岩手・宮古を訪問し、子どもたちと交流【写真:村上正広】
伊藤友広さんが2年ぶりに岩手・宮古を訪問し、子どもたちと交流【写真:村上正広】

伊藤友広さんが「東北『夢』応援プログラム」に登場

 元オリンピック選手と東北の子どもたちが“走り”で成長を目指し、交流する。距離を越えた取り組みが再び、始まった。20日、岩手・宮古の陸上競技場。この場所で行われた「東北『夢』応援プログラム」に登場したのは、2004年アテネ五輪陸上1600メートルリレーで4位入賞した伊藤友広さんだ。遠隔指導ツール「スマートコーチ」を使ってかけっこ指導をする、半年間のプログラムのスタートを切った。

 伊藤さんにとって2年ぶりの宮古訪問だった。同プログラムは、タブレットやスマートフォンで遠隔指導できる「スマートコーチ」を使った最先端の取り組み。「東日本大震災復興支援財団」が協力し、アスリートなどが子供たちにスポーツ指導する理念に賛同した伊藤さんは指導役となる「夢応援マイスター」を務めて6年目を迎える。今回は宮古の地元トラッククラブに所属する小学3年生から中学2年生まで8人を指導していく。

 この2年間はコロナ禍により、すべてオンラインの指導・交流のみだったが、ようやく対面での実施となった。この日は半年間のプログラムのスタートとなる「夢宣言」イベント。冒頭で「宮古に来るのは久しぶりで、楽しみでした。リモートの良さもあるけど、直接会うから伝えられることが多い。触れ合いながら楽しく、効果があることをやっていきましょう」と伊藤さんは呼びかけた。

 この日のみの参加者となった子どもたちも含め、ちょっと緊張した様子ながら思い思いに意気込みを口にした。「たくさんのことを学んで今後の練習に生かしたい」「フォームを直してタイムを縮められるようにしたい」。最初に行ったクリニックでは、ケンケンやスキップなどを織り交ぜながら、走りの基本となる正しい姿勢についてレクチャー。今回、伊藤さんが工夫したのが「足の動かし方」だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集