[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

バスケでも社会でも大切な「思いやる心」 元日本代表が気仙沼で伝えたこと

10月31日。テレビドラマの舞台ともなった海の街、宮城・気仙沼に子供たちの笑顔が咲いた。三陸復興国立公園に程近い海を望む高台にある小原木公民館。かつて小原木中学校の生徒が思い出を刻んだ体育館で、楽しそうにバスケットボールを操るのは気仙沼ミニバスケットボール少年団の子供たちだ。集まった小学1年から6年までの男女およそ30人は、いつになくソワソワ待ちきれない様子。それもそのはず、この日は特別ゲストを迎えることになっていた。

気仙沼ミニバスケットボール少年団の子供たちと「東北『夢』応援プログラム」夢宣言イベントが開催された【写真:村上正広】
気仙沼ミニバスケットボール少年団の子供たちと「東北『夢』応援プログラム」夢宣言イベントが開催された【写真:村上正広】

渡邉拓馬氏が気仙沼で「東北『夢』応援プログラム」実施、小学生を直接指導

 10月31日。テレビドラマの舞台ともなった海の街、宮城・気仙沼に子供たちの笑顔が咲いた。三陸復興国立公園に程近い海を望む高台にある小原木公民館。かつて小原木中学校の生徒が思い出を刻んだ体育館で、楽しそうにバスケットボールを操るのは気仙沼ミニバスケットボール少年団の子供たちだ。集まった小学1年から6年までの男女およそ30人は、いつになくソワソワ待ちきれない様子。それもそのはず、この日は特別ゲストを迎えることになっていた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 午前9時半。長身を屈めながら体育館の扉をくぐってきたのは、バスケットボール元日本代表で3人制バスケ「3×3」でもプレーした渡邉拓馬氏だった。「うわ〜!」と感動で目を輝かせる子供たちと、現在はBリーグ・京都ハンナリーズでゼネラルマネージャーを務める渡邉氏を繋いだのは「東北『夢』応援プログラム」。この日は3月まで続く半年間のプログラムの「夢宣言イベント」が開催された。

「東北『夢』応援プログラム」は、公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた、年間を通して子供たちの夢や目標を応援するプログラムだ。「夢応援マイスター」を務めるアスリートや元アスリートが、参加する子供たちがそれぞれに掲げる半年後、あるいは1年後の目標に向かって、遠隔指導ツールでサポート。1日限りのイベントで子供たちとの交流を終えるのではなく、離れた場所でも動画やSNSを通じて継続したプライベートレッスンが受けられるという画期的な試みだ。

 2017年から夢応援マイスターを務める渡邉氏はこれまで故郷・福島を中心に指導してきたが、縁あって初めて気仙沼の子供たちを指導することに。2013年から活動を始めた気仙沼ミニバスケットボール少年団には現在41人が所属。チームのモットーは「明るく楽しく元気よくです」と話すのは、代表を務める袖野洸良さんだ。自身も大学までバスケットボールをプレーしたといい、「勝負事ではありますが、まずは楽しんでもらいたい。メリハリの効いた練習を心掛けています。今回のプログラムのおかげで、11月に小学生最後の試合を迎える6年生にとって3月の卒団まで目標ができました」と喜ぶ。

 渡邉氏は「僕も東北出身。震災を通じて得た経験を東北の子供たちに還元していきたいと思っています」と毎回、子供たちとの出会いを楽しみにしている。今回も「まずは楽しくバスケをしましょう。自分で考えるメニューもあります。何のためにやる練習なのか、自分になりに考えて取り組んでください」という挨拶とともに、まずはクリニックからスタートした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集