[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • なぜ、大坂なおみは躍進を遂げたのか 「ルーティン」に見えた「劇的な変化」とは

なぜ、大坂なおみは躍進を遂げたのか 「ルーティン」に見えた「劇的な変化」とは

テニスの世界ランク72位・大坂なおみ(日清食品)は、全豪オープンの女子シングルス4回戦で同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦し、3-6、2-6でストレート負け。自身初の四大大会8強には届かなかった。

大坂なおみ【写真:Getty Images】
大坂なおみ【写真:Getty Images】

全豪オープンで四大大会初16強…現役選手が分析した20歳の躍進の要因

 テニスの世界ランク72位・大坂なおみ(日清食品)は、全豪オープンの女子シングルス4回戦で同1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦し、3-6、2-6でストレート負け。自身初の四大大会8強には届かなかった。

 今大会は1回戦でクリスティーナ・クコバ(スロバキア)を破ると、世界ランク19位のエレーナ・ベスニナ(ロシア)、同17位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と格上を撃破する快進撃で、四大大会初となる4回戦進出を果たした大坂は、パワフルなテニスと試合後の謙虚で、ユーモア溢れる勝利者インタビューでオーストラリアのテニスファンの心を鷲掴みにしてきた。

 メルボルンで巻き起こったNAOMI旋風はひとまず終わりを見たが、20歳の新鋭は昨年よりも格段の飛躍を遂げていたという。

「大坂選手は残念でした。セカンドセットでワンブレークダウンしてから集中力が途切れてしまいました。ですが、今大会のこれまでの試合では去年までのプレースタイルと比較して劇的な変化を感じました」

 プロテニス選手の綿貫敬介はこう語った。

「これまでの大坂選手のプレースタイルはポテンシャルを前面に押し出すものでした。女子選手として、抜群のサーブのスピード、ストロークのパワーというストロングポイントです。一方で、昨年までの戦績はそこまで安定していなかった。その時の調子やメンタルの部分にパフォーマンスが影響されることがあったと思います。今回、変わったと思ったのはマインドの部分です。1ポイント1ポイントのルーティンワークがしっかりしてきている。気持ちのリセットができるようになったという印象を持ちました」

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー