[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

両膝に8度メスを入れた北嶋秀朗が語る 「怪我と向き合わなくていい」の真意とは

北嶋が息子に伝えた“金言”とは【写真提供:大宮アルディージャ】
北嶋が息子に伝えた“金言”とは【写真提供:大宮アルディージャ】

父として怪我をした息子に伝えた「怪我と隣同士で歩いたらいい」

 17年間のプロ生活を終えてピッチに別れを告げた翌朝、北嶋は現役時代の癖で、膝と会話した。すぐに「もう機嫌をうかがわなくていいんだ」と気づいた瞬間、安堵以上に寂しい感情が押し寄せてきた。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 今でも階段をスムーズに降りることができず、坂道の下りも横向きにならないと難しい。両膝のクッション役となる軟骨がないためで、事情を知らない人が見ると違和感を覚えるかもしれない。プロサッカー選手として幾多の激闘を戦い抜き、盟友の膝とともに歩んだ証拠である。

 引退して指導者となり、怪我とともに歩んだ経験は確実に生きている。そして後輩たちに伝えたいことがある。

「怪我との向き合い方にはいろいろな形があります。サッカーと連動させたほうがいい選手もいるし、反対に僕のような考え方もある。ただ少なくとも、昔の自分の影は追いかけないほうがいい。怪我をする以前の自分はもっと速く走れた、もっと俊敏に動けたと考えてもネガティブな感情にしかならない。大切なのは昨日の自分より今日の自分が成長していること。そして今日の自分よりも明日の自分を成長させること。それだけでいいんです」

 北嶋には高校2年生の長男がいる。父親と同じようにサッカーに没頭し、ストライカーとしてゴールを決めることに夢中だ。

 その愛息が今年になって膝の前十字靭帯を負傷し、復帰まで8か月から10か月かかる大怪我を負ってしまった。自分が何もできない間に仲間やライバルが先を行く景色に、どうしても気持ちが暗くなる。息子が落ち込む姿を見つけた北嶋はそっと声をかけた。

「恨んだり、妬んだりするのではなく、怪我と隣同士に歩いたらいい。怪我と一緒に歩いて、一緒に成長するんだ。きっとできる」

 幾多の困難を友だちの膝とともに乗り越えてきた父の言葉に、嘘偽りはない。

北嶋秀朗
1978年5月23日、千葉県生まれ。市立船橋高校時代に、全国高校サッカー選手権大会で2度の優勝、得点王に輝いた。卒業後に柏レイソルへ加入。プロ3年目からはチームのエースとして活躍、2000年にはキャリアハイとなる18ゴールを挙げた。柏レイソル、清水エスパルス、ロアッソ熊本と3クラブでプレーし、2013年に現役を引退。指導者の道へ進み、2020シーズンは大宮アルディージャのトップチームコーチとして、後輩たちの指導にあたった。17年に及ぶ現役時代のJリーグ通算記録は303試合出場、73得点。

(藤井雅彦 / Masahiko Fujii)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集