[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NHLドラフト候補の日本人 17歳安藤優作は“八村流”で鍛錬「まずは大学で成長したい」

最高峰の北米アイスホッケーリーグ(NHL)入りを目指して、17歳の日本人フォワード(FW)が前進を続けている。U20(20歳以下)日本代表の安藤優作。10月末にNHLのスカウティング部署が発表した2021年のドラフト候補にリストアップされ、指名が有力視されている。安藤はオンライン取材に応じ、「(リスト入りは)励みになりますし、少し緊張が増したりしていますね。去年とは違って今年はドラフトの年なので試合前に色々と考えちゃったり。ドラフトにかかることは夢なので、一歩目のスタートという感じですね」と心境を語った。

ヤングスタウン・ファントムズでプレーするU20日本代表の安藤優作【写真:LeadOff Sports】
ヤングスタウン・ファントムズでプレーするU20日本代表の安藤優作【写真:LeadOff Sports】

NHL入りを目指す17歳、来年のドラフト候補に挙がる安藤優作の原動力とは

 最高峰の北米アイスホッケーリーグ(NHL)入りを目指して、17歳の日本人フォワード(FW)が前進を続けている。U20(20歳以下)日本代表の安藤優作。10月末にNHLのスカウティング部署が発表した2021年のドラフト候補にリストアップされ、指名が有力視されている。安藤はオンライン取材に応じ、「(リスト入りは)励みになりますし、少し緊張が増したりしていますね。去年とは違って今年はドラフトの年なので試合前に色々と考えちゃったり。ドラフトにかかることは夢なので、一歩目のスタートという感じですね」と心境を語った。

【注目】私が「通信制高校」を選択したワケ 畑岡奈紗が送る、進路に悩むジュニアへの言葉

 北海道苫小牧市出身の安藤は子どもの頃からの夢だったNHL入りを目指し、中学の頃に単身カナダに渡り、本場のリーグで腕を磨いてきた。昨季から16~20歳を対象とする米国ジュニア最高峰のホッケーリーグ(USHL)で、オハイオ州を拠点とするヤングスタウン・ファントムズでプレー。チーム最年少ながら40試合に出場し、25ポイント(8ゴール、17アシスト)と結果を残した。

 173センチ、69キロと小柄だが、「自分の長所は周りを見れてパスを出せるところ」というスタイルを貫き、ゴール数を大きく上回るアシスト数を記録。スピードと判断力を武器に周りを生かすプレースタイルはチームから高い評価を受けた。

 以前はFWとして得点にこだわった時期もあったというが、「カナダにいたときはゴール、ゴールという意識があったんですけど、レベルが上がるにつれてゴールするのは難しくなっていくので」。意識を変えて高いレベルに順応した。オフに筋力トレーニングに励み、体重5キロ増で迎えた2年目の今季は、開幕から3試合で2アシストを挙げ、「去年より体負けをしていない」と手応えを感じている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集