[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

学生アスリートと就活 「100メートル10秒台で走れます」は本当に仕事に生きないのか

「スプリントコーチ」というジャンルを築き、サッカー日本代表選手、プロ野球選手など多くのトップアスリートに“理論に基づいた確かな走り”を提供する秋本真吾さん。その指導メソッドがスポーツ界で注目を浴び始めている一方で、最近はフォロワー2万人を数えるツイッターのほか、「note」を使って自身の価値観を発信。「夢は叶いません」「陸上の走り方は怪我をする」「強豪校に行けば強くなれるのか?」など強いメッセージを届けている。

秋本真吾さんが考える「学生アスリートと就活」とは【写真:@moto_graphys】
秋本真吾さんが考える「学生アスリートと就活」とは【写真:@moto_graphys】

新連載「秋本真吾の本音note」、今回のテーマは「学生アスリートと『働く』」

「スプリントコーチ」というジャンルを築き、サッカー日本代表選手、プロ野球選手など多くのトップアスリートに“理論に基づいた確かな走り”を提供する秋本真吾さん。その指導メソッドがスポーツ界で注目を浴び始めている一方で、最近はフォロワー2万人を数えるツイッターのほか、「note」を使って自身の価値観を発信。「夢は叶いません」「陸上の走り方は怪我をする」「強豪校に行けば強くなれるのか?」など強いメッセージを届けている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 そんな秋本さんが「THE ANSWER」でメッセージを発信する新連載を始動。秋本さんの価値観に迫るインタビューを随時掲載する。最初のテーマは「学生アスリートと『働く』」。現役時代は400メートルハードルの選手としてオリンピック強化指定選手にも選出され、特殊種目200メートルハードルのアジア最高記録などの実績を残し、引退後は企業勤務を経験、現在は「走りの指導」をビジネス展開する秋本さんと4回に渡って考える。第1回は「『100メートル10秒台で走れます』は就活に生きないのか」について――。

(聞き手=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

――10月は就職活動を終えた4年生が内定式を行い、社会人になる決意を深める一方、3年生はまもなく本格化する就活に向け、気持ちが焦り出す頃です。最初に直面するのがエントリーシートや面接で必須の「学生時代に力を入れたこと」の整理。誰もが他の学生との差別化に頭を悩ませる課題ですが、秋本さんは学生アスリートの「学生時代に力を入れたこと」のあり方についてどういう考えですか?

「前提にあるのは学生の本分は勉強ということです。部活はあくまで勉強に付随したものでしかないんですよね。僕は大学に4年間、大学院に2年間通いましたが、勉強で頑張ったものは何だろうと振り返ると、ほぼ何もありませんでした。特に大学の4年間は課せられたものをこなすだけ。学びのために大学があったわけじゃなく、部活をやるため、卒業するためにやっていた感じでした」

――トップアスリートだった秋本さんからまず「勉強」が挙がるのはちょっと意外です。

「でも、大学院は自分から学びに行き、論文を書き、そのために勉強して。その2年間の方が勉強を頑張った感覚はあります。論文で『大腰筋の筋肥大が走りに及ぼす影響』について検証したのですが、それは仮に僕が一般企業に就職しても、今のようなスプリントコーチ業をしていたとしても両方に通じたものが必ずあると思っています。仮説を立てて物事を考えることは、基本的なことですがとても勉強になりました」

――学生アスリートの就活は、競技能力がそのまま評価につながらないのが難しいところです。例えば「140キロの直球を投げられます」「100メートルを10秒台で走れます」「インカレで○位に入りました」とアピールしても、それ自体が仕事に直接生きるわけではありません。目に見える記録、成績を出せば評価され、優位に立てた世界とは異なる壁に当たります。

「確かに、その通りですね。ただ『100メートルを10秒で走れること』にしても、全く仕事に生きないかというとそうではないと思っています。できない自分ができるようになるために考えて、行動して、成長させた時間は決して無駄ではなく、そのプロセスを仕事に置き換えられるかどうかの差だと思います。ほとんどの体育会学生はその応用が難しいんだと思うんです。全く違うものと捉えてしまうと思います。

『みんな、どうやって足を速くしてきましたか?』と聞いた時に『先生に言われるまま、ただやってきました』では仕事に接続できないですよね。指導者に言われ、自分は何を思ったのか。自分の中で良い走りにしようとか、他の競技もこういう風に投げよう、蹴ろうとか、みんな考えたはずなんです。それができて嬉しかったから、4年間続けられたはずです。それを仕事に置き換えられない人は社会人として価値を見つけることに苦労するかもしれません」

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集