[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中希実の底知れない戦闘意欲 21歳初の日本一で見せた「負けてもいい」という戦い方

東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権が3日まで新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子中距離では、21歳の田中希実(豊田織機TC)が日本記録を持つ1500メートルで初優勝。800メートルは4位で二冠はならなかったが、強気な姿勢から“超アスリート思考”を垣間見せた。

田中希実が垣間見せた戦闘意欲とは【写真:奥井隆史】
田中希実が垣間見せた戦闘意欲とは【写真:奥井隆史】

女子1500mで日本選手権初V、がっぷり四つを求める21歳の姿とは

 東京五輪まで10か月を切った中、陸上の日本選手権が3日まで新潟・デンカビッグスワンスタジアムで行われた。女子中距離では、21歳の田中希実(豊田織機TC)が日本記録を持つ1500メートルで初優勝。800メートルは4位で二冠はならなかったが、強気な姿勢から“超アスリート思考”を垣間見せた。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 勝負にこだわった。初日の1500メートル予選。前半から独走したが、2周目はペースを落とした。「1周目で牽制し合うところを自分のペースで行って、まず気持ちに余裕を作ろうとして2周目で相手の様子を伺おうというところでした」。全体トップで予選通過。「せこい(ずるい)レースはしたくない」と、がっぷり四つを望んで挑んだレースだった。

 決勝でも盤石の走りで初の日本一に。残り900メートルと早い段階で仕掛けたプランについては「ゴールに近いところでスパートをするのは自分の持ちタイムを考えるとずるい感じがする。堂々とした走りで勝つことが自信になる」と真っ向勝負を貫いた。

 800メートル決勝では、スタート直後から大きくペースを落として最後尾についた。200メートル付近でギアチェンジすると、500メートル付近で一時トップに。結果的に4位に終わったが「最初の100メートルは自分のペースでいこうと決めていた」と明確な勝利プランを遂行した。

 日本一を決める大舞台で感じさせたのは、負けを恐れない強気な姿勢だ。“全てをやり尽くした”という過程があるからこそ持てるメンタルなのかもしれない。1500メートルで女王になった直後、こう話していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集