[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 子供の「楽しい」は鵜呑みにできない ドイツの育成現場で繰り返される試行錯誤

子供の「楽しい」は鵜呑みにできない ドイツの育成現場で繰り返される試行錯誤

今季から小学1年生の次男はFユーゲント(U-8)。ドイツでは生まれ年でチーム分けが行われるので、小学1年生と2年生が一緒になる。最初の練習時にコーチが子供たちにこんなことを言っていた。

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」——“団子サッカー”にさせないための環境整備

 今季から小学1年生の次男はFユーゲント(U-8)。ドイツでは生まれ年でチーム分けが行われるので、小学1年生と2年生が一緒になる。最初の練習時にコーチが子供たちにこんなことを言っていた。

「今日からみんなはFユーゲントだ。これまでのサッカーからちょっと成長して、次のステージに進めるように頑張ろう」

 サッカーはポジショニングスポーツとも言える。それぞれがバラバラな動きをするのではなく、フィールド上にある約束事を少しずつ身につけていくことが大切だ。

 ミニゲームが始まるとコーチは「そんなにごちゃごちゃしてたら、ボールもらえないよ。広がってごらんよ」としきりに声をかけるが、子供たちはまだピンとこない。子供的には広がってと言われたから広がってみた。でも外から見た、その動きは1メートル後ろに下がったくらい。コーチが頭を抱える。

 でもそれが当たり前なのだ。「広がる」という言葉が自分がすべき動きとリンクしていないし、リンクしたところで、広がることで自分がサッカーに関われている、サッカーが上手くなっているという実感がまだ乏しい。「何のために?」が納得できないと、勢い良くサッカーはできない。

1 2 3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー