[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、日本は南米が苦手なのか 乾貴士の恩師が指摘する“日本人の武道精神”

サッカーはボールと時間を奪い合うスポーツ

 日本サッカーが南米を苦手とするのは、伝統的なスポーツ文化に影響されているからだと指摘した。

「例えば、相撲で“はっけよい”で僕が先に立ったら行事がやり直しをさせる。剣道も白線を挟んで平等に始める。これが日本の正々堂々。すべてはセイム・タイムでスタートする。でもサッカーは違う。こっちが靴の紐を結んでいる隙に、後ろから蹴られとる。そんな戦いや。日本の外交下手と同じ。真っ正直に話し合っているうちに、もう裏取られとる」

 従来の強豪高校のように、全国各地から優秀な選手をスカウト出来る環境ではなかった。限られた素材で戦う条件は、世界に出ていく日本と立ち位置が似ていた。

「サッカーはボールと時間を奪い合うスポーツ。野球と違って、1回の表の後に、相手の守りを飛ばして2回の表に持ち込むことも出来る。駆け引き次第では、こちらを速く見せたり、相手を遅くさせることも出来る」

 実際に昨年のロシア・ワールドカップでは、野洲の優勝メンバーだった乾貴士が、緩急を巧みに使い分け2度も鮮やかなゴールを生み出した。小さな乾は、大舞台で見事に野洲スタイルを体現したのだった。

(加部 究 / Kiwamu Kabe)

1 2

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集