[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

うまくシュートを打ちたい中高生必見! GKを幻惑する「左45度」からの“蹴り分け方”

行列を作った選手たちも「最終的には全員がマスターしました」

 奇しくも「“ふかせない”シュート」と同じく、股関節で押し出すキックだった。

「ファーサイドへは押し出すキック。ニアの場合は捻って蹴るんですが、フォームは最後の最後まで同じです。シュートを打つ前にゴールの枠とGKの位置をイメージして、あとはキックに集中します」

 特にファーサイドへ会心のキックができた場合は、プロのGKでも一歩も動けないという。

「練習を始めて1週間くらいで、十分な手応えを感じました。教えてほしいと言ってきた明治大学の選手たちも、最終的には全員がマスターしました。それぞれ自分たちで、今のは正しいキック、さっきのは間違い、と判断できるようになりましたね」

 上船の「キックマスター講座」は中高生たちにも大人気。開催すれば、その指導者も含めて納得の笑顔で帰途に着くという。(文中敬称略)

(第3回へ続く)

[指導者プロフィール]
上船利徳(うえふね・としのり)

神村学園高校、東京国際大学でプレーし、ドイツ4部のKFCユルディンゲンとプロ契約。怪我で引退するが帰国後「ファーダンサッカースクール」を起ち上げ、明治大学コーチなども経験し、25歳で神村学園がエリート人材の育成を目的として展開する「淡路島学習センター」のセンター長に就任。「キックマスター講座」も好評。

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集