[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「0-114」から目指す花園― 元日本代表主将が石巻工に伝えたこと「1か月で変われる」

2日間で計4時間と短時間ながら、濃密な時間を過ごした石巻工業のラグビー部員と菊谷氏【写真:編集部】
2日間で計4時間と短時間ながら、濃密な時間を過ごした石巻工業のラグビー部員と菊谷氏【写真:編集部】

2日間で伝えたかったのは“気づき”

 3チームが交代で、短い間隔で何度もゲームを繰り返していく。ゲームの合間では、各チームに反省点、うまく行った点を質問する。「どんな声を出せばいい?」「どういう声が欲しい?」。そう問いかけ、選手に考えさせる。最初は全く声が出ていなかった生徒たちからも、次第に声が出始める。声のボリュームも上がっていく。そうしなければゲームを有利に運べない。相手に勝てないからだ。それこそが菊谷氏の狙いだ。

「ゲームは基本的に楽しいので、自然と声が出るようになります。勝ちたい。より楽しくやりたい。そうすると自分たちから声が出るんです。主体的、自発的に出る。そういうところへのアプローチです」

 約2時間。徹底的にタッチフットを繰り返し、“コミュ力”の改善に努めた。日が完全に沈む頃には、練習を視察したOBが「今まで聞いたことがないくらいの声が聞こえてきた」と目を丸くするほどだった。

 2日目のラストに、菊谷氏は生徒たちに再び問いかけた。

「今日やった練習はどういう練習だった?」「昨日はどんな反省だった?」と問いかけ、しっかりとした答えが返ってくると、満足げにうなずいた。

「今日はディフェンス、アタックで声を出すこと。今ある戦術をどうすればより良いものになるか。やってきたラグビーは間違っていない。自信につなげるためにはしっかりと声を出すことが大事。しっかりと、いつ、どのタイミングで、声を出せば良いのか。質の高いコミュニケーションを発揮できるようになれば、おのずといい結果、いいプレーにつながっていくと思います。それに選手たちも気づいたと思う」

 2日間で計4時間と短時間ながら、実に濃密な時間。生徒たちにとっても、新たな気づきがあり、新たな自信につながったことだろう。

 花園出場まではあと2試合。準決勝は10月18日に仙台三高と、勝てば決勝では仙台育英との対戦が濃厚だ。昨年11月には114点差をつけられ完敗した相手との差を、どこまで詰められるのか、そして勝つことはできるのか――。「残り1か月間でやれることはたくさんあります。そして変わることもできます。相手も同じ高校生ですから」。そう言い残し、奇跡を信じる菊谷氏は石巻を後にした。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集