[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドイツのサッカー大会で見た自然体の光景 「障害を抱えた子供」が仲間と決めたゴール

互いに理解し合い、互いに認め合える環境が生まれれば…

 でも僕が特に素晴らしいなと思ったのは、彼のことを他の仲間が特別なものとは捉えていないことだった。「障害を抱えた子供」としてではなく、他と変わらない仲間の一人として自然に扱われている。必要以上の手助けも、必要以上の誇張もしない。

 大事な仲間の一つのゴールだった。

 彼らにとってはそれが日常だからだ。仲間の一人として受け入れ、当たり前の存在としてチームメイトとしてサッカーに取り組む。そして彼も自分から逃げずに、チームのためにプレーする。

 サッカーの持つ素晴らしさを改めて感じさせられた。

 日本でCPサッカー(脳性麻痺サッカー)と交流がある僕は、少なからず麻痺を持ったままプレーする環境の難しさを知っている。なかなか受け入れ先クラブを見つけられず、とはいえCPサッカーのクラブ数は多くはないので、サッカーをするためには遠くまで通わざるをえないこともある。みんなサッカーが好きだから文句を言ったりしないが、少しずつでも互いに理解し合い、互いに認め合える環境が生まれてくれば、お互いもっともっと生きやすくなるはずだ。そうなってほしいと思う。

 スポーツには、それを当たり前にできるだけの力があるのだから。

(中野 吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

1 2

中野 吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集