[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

選手の“心”に寄り添える指導者とは 為末大「落ち込んだ時こそ手腕が一番試される」

いまだ破られぬ男子400メートルハードルの日本記録を持ち、コーチをつけず常に自身に向き合いスポーツを哲学してきた為末大氏に聞く、為末流「選手を幸せに導くプロセス考」。第5回は勝敗や怪我、スランプの乗り越え方など、選手のこころへの寄り添い方について語る。(取材日=2020年3月26日、取材・文=松葉 紀子 / スパイラルワークス、撮影=堀 浩一郎)

第5回は勝敗や怪我、スランプの乗り越え方など、選手のこころへの寄り添い方について【写真:堀浩一郎】
第5回は勝敗や怪我、スランプの乗り越え方など、選手のこころへの寄り添い方について【写真:堀浩一郎】

為末流「選手を幸せに導くプロセス考」第5回

 いまだ破られぬ男子400メートルハードルの日本記録を持ち、コーチをつけず常に自身に向き合いスポーツを哲学してきた為末大氏に聞く、為末流「選手を幸せに導くプロセス考」。第5回は勝敗や怪我、スランプの乗り越え方など、選手のこころへの寄り添い方について語る。(取材日=2020年3月26日、取材・文=松葉 紀子 / スパイラルワークス、撮影=堀 浩一郎)

 ◇ ◇ ◇

 スポーツ選手にとって、怪我をしないのに越したことはありません。しかしいくら注意しても、スポーツに怪我はつきものです。怪我をしたとき、悲観してしまう選手もいるかもしれませんが、実はいい点が二つあります。

 一つは陸上を例に挙げると、慢性的な怪我をする選手が多いのですが、不調になると身体の構造上のゆがみを理解するのにいい機会になると思っています。例えば、ひざが痛いとします。怪我をしたことでどこか身体にゆがみがあったのではないかと考える時間ができ、怪我をしたことにも意味があると思えるのではないでしょうか。

 もう一つ、いい点を紹介しましょう。スポーツ選手をしていると、大会があるので練習の流れを止めることはできません。でも怪我でその流れを強制的に切られてみると、選手の多くは「ゼロから考えて、何が足りなかったのだろうか?」を考えるのです。そこで自分とじっくり向き合ってみると、足りなかったことが見えてきます。多くの場合、それが体幹などを含む身体の中心部のトレーニングなのです。体幹が変わると、プレー結果は変わります。このように自分と競技の、もっと根本部分を見直すいい機会になると思っています。

 これは仕事にも似ているのですが、優先順位の高い仕事には、「緊急度が高いもの」と「重要なもの」の2種類があるとします。いつもはついつい緊急度の高いものから片づけようとしてしまう人は多いと思います。しかし怪我をしてしまったときには、先に話したような緊急度は高くないけれど、重要なものに取り組むのにいい機会ではないかと思うのです。怪我は、自分と向き合うチャンスです。こんなことでもないと、選手は心理的にも休めないので、しっかりと休むことで次につなげられるといいと思います。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集