[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ヒーローになれるチャンス」 元ラグビー日本代表らが石巻工でオンライン「夢応援」

ラグビー元日本代表主将の菊谷崇氏と、トップリーグ・キヤノンイーグルスの天野寿紀が、オンラインを通じて宮城・石巻工業のラグビー部3年生11人と再会を果たした。公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」で「夢応援マイスター」を務める2人。これまで定期的に石巻に足を運び、遠隔指導ツール「スマートコーチ」を活用しながら生徒たちの成長をサポートしてきた。

菊谷崇氏(右)と天野寿紀がオンラインを通じて学生たちと再会を果たした【写真:編集部】
菊谷崇氏(右)と天野寿紀がオンラインを通じて学生たちと再会を果たした【写真:編集部】

元日本代表主将・菊谷崇氏とキヤノンイーグルスの天野寿紀が目標設定をサポート

 ラグビー元日本代表主将の菊谷崇氏と、トップリーグ・キヤノンイーグルスの天野寿紀が、オンラインを通じて宮城・石巻工業のラグビー部3年生11人と再会を果たした。公益財団法人東日本大震災復興支援財団が立ち上げた「東北『夢』応援プログラム」で「夢応援マイスター」を務める2人。これまで定期的に石巻に足を運び、遠隔指導ツール「スマートコーチ」を活用しながら生徒たちの成長をサポートしてきた。

 本来なら石巻で一緒に楕円球を追いかけたかったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で断念。だが、オンラインを通じた建設的なディスカッションで、新チームとして動き出す生徒たちを勇気づけた。

 世界的に大流行している新型コロナウイルスの影響により、石巻工業のラグビー部員たちも3月以降は自主練習を余儀なくされてきた。5月に入り、日本では全国的に緊急事態宣言が解除され、学校もようやくスタート。この日は3年生の部員11人が感染予防のためにマスクをつけて参加し、画面越しではあるが、久しぶりに“再会”したラグビー界の大先輩2人の姿を目にし、うれしそうな表情を浮かべた。

 冒頭に菊谷氏は「3年生にとってラストイヤー。コロナで練習ができない難しいスタートとなりましたが、今日はいい時間にして、(引退する)最後まで活動できるきっかけにしてほしい」と挨拶。続いて、「目標に向かって前向きに活動できる時間にしましょう」とメッセージを送る天野が進行役を務める形で、生徒たちとのディッスカッションが始まった。

 まず、ディスカッションの目的として掲げられたのが「チームの主体性を向上させること」。高校3年間の集大成として目指す花園出場へ、3年生のモチベーションをアップさせ、さらに下級生にもいい影響を与えられるようなチームとなるにはどうしたらいいか。ディスカッションの最後には、チームとして進むべき方向性を見出すことを目指した。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集