[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐光学園Vを支えた、たった1人の女子マネ 咲いた笑顔「皆と頑張ってきて良かった」

桐光学園の全国大会初制覇の陰に、一人で裏方の仕事をすべてこなしてきたマネージャーの存在があった。

日本一を達成し、笑顔を見せた鈴木さん【写真:藤井雅彦】
日本一を達成し、笑顔を見せた鈴木さん【写真:藤井雅彦】

55人を1人で…3年生・鈴木美南さん、6日間5試合の「とにかく忙しい大会」で奮闘

 桐光学園の全国大会初制覇の陰に、一人で裏方の仕事をすべてこなしてきたマネージャーの存在があった。

 鈴木勝大監督の娘である3年生の鈴木美南さんは、代々、マネージャーを採用してこなかった桐光学園サッカー部で志願して入部し、1年次からチームに同行。暑い日も寒い日も選手と苦楽を共にし、55人の部員をたった一人で支えてきた。最後の全国高校総体(インターハイ)。もちろん昨年の準優勝という悔しさも経験している。富山第一(富山)との決勝で、リベンジを誓う気持ちは選手同様に強かった。

 今大会、シード校の桐光学園は2回戦からの登場となったが、それでも6日間で5試合という過酷なスケジュールだ。選手たちは心身ともにタフさを求められ、それを一人でサポートするマネージャーにとっては「とにかく忙しい大会」(鈴木美南さん)である。

 試合中は手足を止めることなく常に動く。状況をくまなく観察し、次に何をすべきか考え、少しでも選手の助けになるように労を惜しまず働く。だから数メートル先で行われている試合を見ている余裕はほとんどない。ボトルで水を飲めば、そのボトルを片付ける人がいるというわけだ。試合前だけでなく、試合中も試合後も、暇な時間はない。ゴールシーンを目にするのはもっとレアケースだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集