[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

入学わずか4か月→100m高校全国2位 天真爛漫な1年生・小針陽葉の夢は「いずれ五輪に」

陸上の全国高校総体(インターハイ)第2日は4日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで行われ、女子100メートル決勝(向かい風0.7メートル)で唯一の1年生、小針陽葉(富士市立)が11秒88で2位。優勝した3年生、藏重みう(中京大中京)に0秒03差に迫り、将来の飛躍を感じさせた。

女子100メートル決勝、スタートラインに立った小針陽葉(中央)【写真:荒川裕史】
女子100メートル決勝、スタートラインに立った小針陽葉(中央)【写真:荒川裕史】

インターハイ陸上女子100m決勝で0秒03の2位「ちょっと悔しい!」

 陸上の全国高校総体(インターハイ)第2日は4日、徳島の大塚スポーツパーク・ポカリスエットスタジアムで行われ、女子100メートル決勝(向かい風0.7メートル)で唯一の1年生、小針陽葉(富士市立)が11秒88で2位。優勝した3年生、藏重みう(中京大中京)に0秒03差に迫り、将来の飛躍を感じさせた。

 高校入学から、わずか4か月。静岡の1年生スプリンターが全国2位になった。

 予選、さらに11秒72(追い風0.8メートル)の自己ベストを出した準決を経て、1日3レース目となった決勝。6レーンの小針は「予選、準決は凄く楽しかったけど、独特の緊張感があった」とスタートで体勢が起き上がり、やや出遅れた。

 リアクションタイムで0秒103と抜群のスタートを切った藏重を懸命に追い、持ち味の後半で差を詰めた。ほぼ並んでゴールイン。しかし、結果は0秒03差の2位、距離にして30センチだ。6月の東海大会でも同様に藏重を追い上げ、同タイムで2位となったが、再び3年生の底力を実感した。

「スタートで出遅れた割には藏重さんを追えたけど、東海より背中が小さく遠くに見えた。さすが仕上げてきたなあって。追いきれませんでした」

 1年生にして、夏のインターハイ2位は立派な結果。ただ、本人は「1年生で2位というのは嬉しいのと(優勝を)狙える順位だったので悔しいのと……ちょっと悔しさの方が大きいです!」と天真爛漫に本音をのぞかせたあたり、大物感が漂った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集