[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

明治25年創立、名門・仙台一で文武両道を貫く千葉史織 秘訣は「登下校電車内の習慣」

陸上の全国高校総体(インターハイ)が3日に開幕し、5日間にわたって熱戦が繰り広げられている。「THE ANSWER」は文武両道で励み、全国の大舞台に出場した選手たちをピックアップ。4日は、政治学者の吉野作造などを輩出した宮城の名門進学校、仙台一・千葉史織(2年)が女子400メートル障害に出場。予選組3着で5日の準決勝進出を決めた。陸上で全国クラスとなり、学業も学年350人中20位という両立の秘訣には「登下校1時間の電車内の習慣」があった。

女子400メートル障害で準決勝進出を決めた仙台一・千葉史織【写真:荒川祐史】
女子400メートル障害で準決勝進出を決めた仙台一・千葉史織【写真:荒川祐史】

陸上インターハイの“文武両道アスリート”女子400m障害 仙台一・千葉史織(2年)

 陸上の全国高校総体(インターハイ)が3日に開幕し、5日間にわたって熱戦が繰り広げられている。「THE ANSWER」は文武両道で励み、全国の大舞台に出場した選手たちをピックアップ。4日は、政治学者の吉野作造などを輩出した宮城の名門進学校、仙台一・千葉史織(2年)が女子400メートル障害に出場。予選組3着で5日の準決勝進出を決めた。陸上で全国クラスとなり、学業も学年350人中20位という両立の秘訣には「登下校1時間の電車内の習慣」があった。

 ◇ ◇ ◇

「5台目までは練習通り、スムーズな流れは作れたのですが、その中でもまだ改善するところがありました。ハードルとハードルの間のインターバルがちょっと抑えに入っていたので、もうちょっと最初の流れを繋げていくような走りにしたかったし、(ハードル間を)17歩でどこまでいけるかを一つの目安にしているので、19歩にせず、一番上手くこなして17歩でいけるようにしないといけないと思っています」

 10台のハードルを飛び、400メートルを駆け抜けたレース直後ながら、千葉は1分2秒15の間に感じた収穫と課題をすらすらと並べた。

 1892年(明治25年)に開校され、創立130周年を迎えた仙台一といえば、仙台二と並ぶ県内屈指の進学校だ。

 古くは政治学者の吉野作造など、政財界に多くの人材を輩出する。小説家・井上ひさし、映画監督・岩井俊二のほか、多くの才能がこの学び舎から巣立った。男子校から2010年に共学化。制服もない自由な校風と文武両道を標榜し、昨年度は67人が合格した地元の東北大を中心に国公立大学に多く進学する。

「私が一高に行きたかったのも、文武両道がいいなって思ったので」

 古川黎明中から進学した千葉も、その校風に惹かれ、仙台一を選んだ。「宮城の高校は勉強か部活か、どちらかに偏ってしまう学校が多い。でも、一高に行けば、勉強も部活も両方、頑張れると思った」。強い意志で二兎を追ってきた。

 練習は週5日。ただ、1日2時間と短く、自分の創意工夫で両立することが仙台一陸上部の伝統。数学が得意という千葉は、成績は「学年350人で20番くらい」と控えめに笑うが、陸上部でも学業トップクラスの一人という。その秘訣は、登下校中の習慣にある。

「家がわりと遠くて、電車で1時間かかるんです。そこでまとめて時間が取れるので、英単語を覚えたり、課題だったりをこなして、できるだけ時間を有効に活用するようにしています。ちょっと寝ちゃう時もありますけど……(笑)」

 眠気や疲れに負けず、「周りも文武両道でやっているので、それが当たり前に思っている」と勉強も陸上も成績を着実に伸ばしてきた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集