[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

矢板中央、3年連続8強入り “狭間の世代”快進撃に指揮官「指導者としてびっくり」

第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦が首都圏4会場で行われた。フクダ電子アリーナでは矢板中央(栃木)が鵬学園(石川)を2-0で破り、3年連続となる8強進出を決めた。

3回戦に勝利し、スタンドに挨拶する矢板中央イレブン【写真:宮内宏哉】
3回戦に勝利し、スタンドに挨拶する矢板中央イレブン【写真:宮内宏哉】

予選も含めて初の無失点、次戦は四日市中央工

 第98回全国高校サッカー選手権は3日、3回戦が首都圏4会場で行われた。フクダ電子アリーナでは矢板中央(栃木)が鵬学園(石川)を2-0で破り、3年連続となる8強進出を決めた。

 矢板中央は前半14分、FW西村碧海(3年)が先制ゴールを決めると、後半37分にはMF佐合修土(3年)が追加点を奪う。守っては鵬学園に得点を与えず、県大会を含む7試合目で初めて無失点で勝利を収めた。

 「県予選無失点で全国に来たことはあるけど、全失点というのは初めて」という高橋健二監督。県予選は4試合全てで1失点ずつ。本戦の2試合でも失点していた。無失点を目標に選手を送り出し、「ほんとにゼロで帰ってきた。頼もしいですね。この後、ロッカールームでほめてあげたい」と笑った。

 今年のチームは“狭間の世代”と言われてきたという。昨季はプリンスリーグ関東で初優勝したものの、今季は現時点で最下位。それでも11月30日にはリーグ2位の横浜Fマリノスユースに4-2で勝利するなど、確実に成長を遂げている。指揮官は「自分自身、指導者としてびっくりしている。とにかく日々成長している。県大会も厳しいといわれていた年でも、努力すれば8強まで来れるという証明ができた」と、教え子の成長に目を細めた。

 4強入りをかけて臨む一戦は四日市中央工が相手となった。6年前の92回大会では1回戦で対戦し、2-3で敗れている相手だ。高橋監督は「気が付いたら前半15分で3点取られてね…。矢板の歴史の中で一番悔しい負け方。挑戦者の気持ちで勝ちに行ってほしい」と雪辱に燃えていた。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集