[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「目指せ、国立!」 松井大輔が「恐ろしい記憶しかない」高校サッカーを頑張れたワケ

サッカー元日本代表MF松井大輔。希代のテクニシャンとして、その技術を武器に日本のみならず、フランス、ポーランド、ブルガリアと海外を渡り歩き、38歳となった今なお、Jリーグのピッチを走り続ける。そんな男がこのほど、「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身のキャリアからサッカー哲学まで、独自の思いを語り尽くした。

「目指せ、国立!!」 この言葉こそが松井大輔の高校サッカーの原動力だった【写真:小倉元司】
「目指せ、国立!!」 この言葉こそが松井大輔の高校サッカーの原動力だった【写真:小倉元司】

松井大輔インタビューvol.3―鹿児島実業で選手権準Vの名手に残る記憶

 サッカー元日本代表MF松井大輔。希代のテクニシャンとして、その技術を武器に日本のみならず、フランス、ポーランド、ブルガリアと海外を渡り歩き、38歳となった今なお、Jリーグのピッチを走り続ける。そんな男がこのほど、「THE ANSWER」のインタビューに応じ、自身のキャリアからサッカー哲学まで、独自の思いを語り尽くした。

 全3回に分けてお届けする最終回のテーマは「高校サッカーの記憶」について――。

 ◇ ◇ ◇

「目指せ、国立!!」

 鹿児島実業高校サッカー部の部室の壁に大きく貼り出された文字は、プレーヤーにとっての夢であり、目標であり、そして気持ちの拠り所だった。

 全国大会の常連校ともなれば、どの高校も文字通り血の滲むような努力を重ねている。好きで始めたサッカーをやっているのに、いつの間にか苦しみに似た感情を伴っているのだから不思議だ。

 高校時代を回想する松井大輔の表情が、途端に苦々しくなった。

「これまでのサッカー人生の中で、小学校と高校の時が一番記憶に残っています。小学校の時は毎朝5時に起きて、オヤジと6時から走りに行って、毎日の練習もすごく厳しかった。でも高校の時は、それよりももっとキツくて。しごかれ過ぎて、正直言っていい思い出はないです(苦笑)。坊主にするというルールもあったし、上下関係も厳しかった。逃げ出したい気持ちになったこともたくさんあります」

 松井にとって、後にも先にもあんなに厳しく、苦しい日々はなかった。雨が強く打ちつける日も、冷たい風が吹きすさぶ日も、与えられたメニューをこなすことで精いっぱいだった。

「毎日16時から4時間くらい練習して、その後に陸上部と同じような走りのメニューが始まるんです。長い練習の後に走りのトレーニングを行うのがルーティーンになっていて、素走りのメニューも400メートル×5本が基本。完走する目標タイムが決められていて、たしか1分5秒とか1分10秒なので、ほぼ全速力です(苦笑)。それに間に合わないと1本追加。もちろん朝練もあったし、夏合宿は三部練習で徹底的に鍛えられる。もう恐ろしい記憶しかありません」

 それでも、頑張れた理由がある。冒頭の文字こそが、高校サッカーに身を置く者にとってのすべてだった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集