[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • インハイ特集
  • 名将の「采配ミス」を救った右足 流経大柏、“当落線の男”が涙の日本一弾

名将の「采配ミス」を救った右足 流経大柏、“当落線の男”が涙の日本一弾

全国高校総体(インターハイ)は4日、男子サッカー決勝で流通経大柏(千葉)が日大藤沢(神奈川)を1-0で下し、9年ぶり2度目の優勝を決めた。前半は決め手を欠きながら、後半31分にMF熊澤和希(2年)が値千金の決勝ゴール。名将・本田裕一郎監督は「私の采配ミスがあった」と言いながら、後半から途中出場した“当落線の男”が日本一に導く大仕事を果たした。

途中出場の2年生MF熊澤、終了間際に決勝ゴール「絶対に点を決めると思っていた」

 全国高校総体(インターハイ)は4日、男子サッカー決勝で流通経大柏(千葉)が日大藤沢(神奈川)を1-0で下し、9年ぶり2度目の優勝を決めた。前半は決め手を欠きながら、後半31分にMF熊澤和希(2年)が値千金の決勝ゴール。名将・本田裕一郎監督は「私の采配ミスがあった」と言いながら、後半から途中出場した“当落線の男”が日本一に導く大仕事を果たした。

 無我夢中で右足を振り抜いた。

 後半31分。熊澤はスローインからペナルティエリア内でボールを受けると、胸トラップし、ゴール右から一閃。豪快にネットを揺らした。後半開始から途中出場で決勝ゴールだ。「今日の最初のワンタッチから調子がいいと分かっていた。今日は絶対に点を決めると思っていた」。まさに思い通りの一発だった。

 直前には同じ角度から決定的なシュートを放ったが、GKに阻まれていた。「1本目のシュートで甘いコースを外していたので、ファーサイドを狙ってカーブをかけるイメージで、と」。夢中になりながら、一瞬だけ冷静になった。終了間際にしでかした大仕事。それから、5分後――。歓喜の瞬間は訪れた。

「みんな、うれし泣きでした。それくらいうれしかったです。決められて本当に良かったです」。涙の輪の中で一人、殊勲の2年生は胸をなで下ろした。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー