[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕はロングスローだけではない」 東山MF松橋啓太、冷静さが導いた殊勲の技あり弾

真田蓮司と「2人で日本一のボランチになる」

 中盤から前線に出てフィニッシュワークに関わることが多い真田に対し、松橋は後方からのフィードで攻撃の起点作りを行う。役割の違いから、真田のほうが目立つ場面は多い。松橋が目立つ場面と言えば、驚異的な飛距離を誇るロングスローだ。

 2年生の時、上級生と比較して空中戦に強くなかったため、試しに投げたら予想外に飛んだことから、これが武器となった。ロングスローを投げると、それが最大の武器と思われがちだが、松橋には東山で磨き直した基礎技術と冷静な判断力がある。「僕はロングスローだけではない。違うところを見てほしい気持ちはある。今日はミスが多かった。このままじゃ優勝できない。決勝では、今日以上のプレーを見せたい」と次戦にかける意気込みを語った。

 もう一方の準決勝では、岡山学芸館(岡山)が勝利。ともに初の決勝進出で、初優勝を懸けた戦いになる。松橋は「昨年から蓮司とダブルボランチを組んでいる。2人で日本一のボランチになる。決勝戦は東山としては初めてですけど、僕たちの代で日本一にと、入ってきた当初から思っていた。日本一になる気持ちが強いほうが勝つと思う。チーム全員で気持ちを入れ直して挑みたい」と覚悟を示した。決勝戦は2日後の9日。前回大会の経験を糧に成長してきた力を存分に示し、優勝旗を持ち帰るつもりだ。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子が使うワコールのスポーツ用ショーツ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集