[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕はロングスローだけではない」 東山MF松橋啓太、冷静さが導いた殊勲の技あり弾

第101回全国高校サッカー選手権は7日に国立競技場で準決勝が行われ、第2試合では東山(京都)が1-1からPK戦4-2で前回準優勝の大津(熊本)を下して初の決勝進出を決めた。前半を0-1で折り返した東山に同点弾が生まれたのは、後半18分。右コーナーキックをニアサイドで相手が弾いた球がふわりと浮かんでファーサイドへ伸びると、落下点に走り込んだMF松橋啓太(3年)が右足のワンタッチシュートと見せかけて、前方へボールをコントロール。落ち着いて右足でシュートを蹴り込み、ボールは相手に当たりながらもネットを揺らした。「少し浮いていて難しいボールだったので、1回トラップしてみたら前が空いていたので、自分を信じてシュートを打ったら入った。アイデアが浮かんで、やってみた」(松橋)というフェイントで相手の動きが止まり、フリーでシュートを打つことができた。

殊勲の同点ゴールを決めた東山MF松橋啓太【写真:徳原隆元】
殊勲の同点ゴールを決めた東山MF松橋啓太【写真:徳原隆元】

東山が大津をPK戦の末に破り初の決勝進出

 第101回全国高校サッカー選手権は7日に国立競技場で準決勝が行われ、第2試合では東山(京都)が1-1からPK戦4-2で前回準優勝の大津(熊本)を下して初の決勝進出を決めた。前半を0-1で折り返した東山に同点弾が生まれたのは、後半18分。右コーナーキックをニアサイドで相手が弾いた球がふわりと浮かんでファーサイドへ伸びると、落下点に走り込んだMF松橋啓太(3年)が右足のワンタッチシュートと見せかけて、前方へボールをコントロール。落ち着いて右足でシュートを蹴り込み、ボールは相手に当たりながらもネットを揺らした。「少し浮いていて難しいボールだったので、1回トラップしてみたら前が空いていたので、自分を信じてシュートを打ったら入った。アイデアが浮かんで、やってみた」(松橋)というフェイントで相手の動きが止まり、フリーでシュートを打つことができた。

 福重良一監督は、松橋の働きについて「持ち味の(パス)さばきは、立ち上がりは少し焦っていたかなという思いはある。ゴールに直結するパスばかりを狙っていた。ただ、途中から冷静になり出して、(パスを)つなぐ部分で彼が起点になっていた。同点ゴールは本当に冷静に、相手をはがしてシュートを打った。一番、最高のプレーを今日見せてくれた」と高く評価した。

 PK戦では4番手で登場した松橋。決勝進出を決める一撃をゴール右に決めると、2本のシュートストップに成功したGK佐藤瑞起(3年)に飛びつき喜んだ。

 東山は前回大会で、優勝した青森山田(青森)に準々決勝で善戦するも1-2と敗戦。下級生が多いチームで、トップレベルの戦いで悔しい思いを味わってから、この1年を積み重ねてきた。松橋も青森山田戦を経験した1人。プロに進んだ松木玖生(FC東京)、宇野禅斗(FC町田ゼルビア)という相手のダブルボランチに刺激を受け、高みを目指してきた。

 今大会で松橋とダブルボランチを組むMF真田蓮司(3年)は、ここまで2得点1アシスト。松橋は「蓮司が2得点しているなか、僕は何もしていなくて、悔しい思いがあった。1点でも、という気持ちがあった」と刺激を受けていた。松橋にとって、真田は相棒だが、目標でもあった。中学時代、ガンバ大阪ジュニアユース門真で試合に出られなかった松橋は、ユースに昇格できずに東山へ進学。センターバックでもプレーしていたが、ボランチに定着してからは真田を目標に努力を積んできた。「蓮司の存在は、僕の成長につながっている」と認める、高め合う存在だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集