[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

実況も「スーパー!」絶叫のミドル弾 岡山学芸館・岡本温叶、快挙の裏に左足の猛特訓

大事な場面でコントロールをミスした選手が、なぜ鮮やかなゴールを決められたのか――。第101回全国高校サッカー選手権は7日に国立競技場で準決勝が行われ、第1試合では岡山学芸館(岡山)が3-3の同点からPK戦4-1で神村学園(鹿児島)を破り、初の決勝進出を決めた。プロ内定選手2名を筆頭に年代別日本代表選手を多く抱える神村学園に2度の勝ち越しを許す苦しい展開になったが、2-3から実況アナウンサーが思わず「スーパーーー!」と叫んだ劇的な同点弾で、決勝進出の可能性を手繰り寄せた。

左足で1得点1アシストの活躍を見せた岡山学芸館MF岡本温叶(左)【写真:徳原隆元】
左足で1得点1アシストの活躍を見せた岡山学芸館MF岡本温叶(左)【写真:徳原隆元】

岡山学芸館が神村学園との死闘を制して初の決勝進出

 大事な場面でコントロールをミスした選手が、なぜ鮮やかなゴールを決められたのか――。第101回全国高校サッカー選手権は7日に国立競技場で準決勝が行われ、第1試合では岡山学芸館(岡山)が3-3の同点からPK戦4-1で神村学園(鹿児島)を破り、初の決勝進出を決めた。プロ内定選手2名を筆頭に年代別日本代表選手を多く抱える神村学園に2度の勝ち越しを許す苦しい展開になったが、2-3から実況アナウンサーが思わず「スーパーーー!」と叫んだ劇的な同点弾で、決勝進出の可能性を手繰り寄せた。

 相手に再びリードを許した4分後、後半28分に岡山学芸館の3点目は生まれた。左サイドからのカウンター攻撃。FW今井拓人(3年)が相手を引きつけながら前進して右サイドへパス。フリーで上がってきた右MF岡本温叶(3年)が左足で触ったボールは大きくバウンド。2タッチ目でシュートを打つことはできなかった。神村学園はすかさず2人が戻り、岡本がゴール前に侵入するコースを塞いだ。

 大チャンスがふいになるかと思われたが、岡本は後ろに戻るドリブルで相手から離れると、左足でファーサイドから内側へ曲がる軌道のシュートを放つ。縦への侵入を防いでいた相手選手がブラインドになり、GKは反応できず。3-3の同点に追いつく同点弾となった。岡本は「斜め後ろにトラップしても、自分はシュートを打てる自信があったので思い切って振り切りました」と手応えを語った。

 両足を器用に使える岡本ならではのゴールだった。右足でしか蹴れない選手なら、相手が待ち構える縦に勝負しなければシュートは打てなかった。

 元々は右利き。小学生の頃は、利き足でプレーする選手だったという。しかし、ハジャスFCに所属した中学時代、中盤の中央で起用されるうち、両サイドへパスを配球するには両足を使えるほうが良いと感じ、「シュートもクロスも、右足と全部同じように蹴れるように、ひたすら練習した。今では左足のシュートのほうが自信がある」と言うまでに個人練習で左足を強化してきた。1日100本近く左足を蹴り込み、中学2年生になる頃には「逆足」の意識がなくなっていたという。

 ゴール前は、自由にプレーできる時間が最も短いエリア。そこで致命的なコントロールミスをしたにもかかわらず、シュートの選択肢が残されていたのは、努力の賜物だ。岡本は「あそこからのシュートは、練習から何百本も蹴ってきて自信を持っているが、試合ではあまりできていなかった。本当に決めたいという気持ちが強く、決められて良かった」と笑顔を見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集