[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9連覇以来の復活V帝京大 号泣した主将、メンバー外にも植え付けた「ガツガツ」の意識

全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の優勝。PR細木康太郎主将(4年)は「ガツガツと」の姿勢を植え付け、絶対王者復活の立役者となった。

帝京大・細木康太郎主将(手前)は表彰式でも感無量の様子で天を見上げた【写真:中戸川知世】
帝京大・細木康太郎主将(手前)は表彰式でも感無量の様子で天を見上げた【写真:中戸川知世】

全国大学ラグビー選手権決勝

 全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の優勝。PR細木康太郎主将(4年)は「ガツガツと」の姿勢を植え付け、絶対王者復活の立役者となった。

 背中で語る主将が泣いた。細木は試合終了間際に交代。ベンチの前でノーサイドの笛を聞いた。トラックで一人、片膝をついて歓喜に浸る。涙が止まらない。優勝インタビューは詰まりながらも声を張り上げた。

「苦しい時でもスタンドにいる仲間を見て、グラウンドで一緒に戦っている仲間の顔を見て、必死に一生懸命頑張りました」

 9連覇した直後の春、夢を持って入学した今の4年生。しかし、1年時に連覇が途絶え、18、20年度のベスト4に進出しても「低迷」の言葉が聞こえてきた。新チームで大切にしたのは「しんどいところでガツガツ行く」。ジャージを着る選手だけではない。主将はスタッフなど全ての部員にも伝え、それぞれが自分の役割を全うするために前のめりになった。

 関東対抗戦を1位で突破すると、大きな試練が訪れたのは2日の準決勝。京産大戦で少しのほころびを突かれた。3トライを許す30失点。後半の27得点で37-30と逆転勝ちしたものの、かつてのような盤石の強さとは言い難かった。決勝までの1週間、フォーカスしたのはタックル。「ディフェンス勝負。ゲームの初めから全員が苦しい、厳しいところでもガツガツ行く」。チームの手綱を取った。

 この日は序盤から手堅い試合運びをした。タックルで突き刺さり、ターンオーバーを連発。コンタクトの強さを見せつけた。20-0から1トライ1ゴールを許し、明大に流れが行きかけた後半23分の自陣スクラム。メンバーを入れ替えた相手に押し負けそうになった。細木は「まずい……」と後手に回ったが、「後ろの押しをもらって前に進めた」と仲間の力で耐えた。

 反則を誘い、ボールを保持。まるでプロレスラーかのように両手を広げて絶叫した。勢いを増したチームはそのまま攻撃権を渡さず。追撃トライを決めたNO8奥井章仁(2年)は「細木さんはあまり喋らないタイプ。でも、ここぞの一言でスイッチが入る。しんどいところで行くのは(メンバー外も含め)見ている全員ができた」と感謝。キャプテンはガツガツと先陣を切り、体を張って戦い抜いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集