[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

花巻東の怪物1年生・佐々木麟太郎 高校通算49号も「まだまだ足りない」という大物感

第52回明治神宮野球大会(神宮球場)は23日、高校の部・準決勝が行われ、花巻東(岩手)は広陵(広島)に9-10で競り負け、決勝進出はならなかった。注目の1年生・佐々木麟太郎一塁手(1年)は高校通算49号となる3ランを含め、3安打5打点。大物感を存分に見せつけ、秋の神宮を去った。

8回表に同点となる3ランホームランを放ち、ベンチに帰り、雄たけびをあげる花巻東の佐々木麟太郎【写真:荒川祐史】
8回表に同点となる3ランホームランを放ち、ベンチに帰り、雄たけびをあげる花巻東の佐々木麟太郎【写真:荒川祐史】

明治神宮大会高校の部・準決勝で3安打5打点の活躍

 第52回明治神宮野球大会(神宮球場)は23日、高校の部・準決勝が行われ、花巻東(岩手)は広陵(広島)に9-10で競り負け、決勝進出はならなかった。注目の1年生・佐々木麟太郎一塁手(1年)は高校通算49号となる3ランを含め、3安打5打点。大物感を存分に見せつけ、秋の神宮を去った。

 球場は大きな歓声と響き渡る拍手に包まれた。4点を追う8回、1点を返し、なお2死一、二塁で回ってきたのは3番・佐々木。「ここで俺が打って流れを持ってくるんだ、という気持ちで打席に入った」。見送ればボールかという高めの直球を思い切り捉えると、白球は右翼席へ。右手を突き上げ、二塁ベース付近で力強く吠えた。

 意地の同点3ランは高校通算49号。第2打席で右足の甲付近に死球を受け、5回までに7点差をつけられながらも追いついた。「気持ちで何とかスタンドまで持って行けた」と同点となった一打を振り返った。この試合も4打数3安打5打点と大暴れ。敗れたものの、初めての全国大会で3試合、打率.600、2本塁打、9打点。怪物1年生たる所以を神宮で見せた。

 早くも全国の同級生が意識する存在だ。各校の1年生が大きく注目された今大会。この日対戦した広陵の4番・真鍋慧内野手(1年)は「同学年なので少しは意識している」、同じく準決勝で敗退した九州国際大付(福岡)の4番・佐倉侠史朗内野手(1年)も「自分よりも全然すごいバッター。意識する部分もある」と刺激を与えている。

 海の向こうの大先輩の活躍が刺激になった。今年列島を沸かせた大谷翔平投手(エンゼルス)は花巻東出身。佐々木洋監督も「同じユニフォームを着た先輩の活躍に負けないように頑張らないとダメだぞ」とMVP受賞後に発破をかけた。麟太郎は「チームの励みになり、力になった。花巻東として全国大会で勝ち上がっていきたい気持ちもあった」と悔しい気持ちを露わにした。

 高校通算50号に王手をかけながら、満足することはない。惜しくも届かなかった全国優勝。「まだまだ自分は足りないことが多い。スイングの力や変化球の対応でチームのためにレベルアップしたい」と唇を噛んだ。出場が確実視されている来年のセンバツに向けて、冬を乗り越えて成長していく。

(THE ANSWER編集部・関 臨 / Nozomu Seki)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集