[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロ注目の広陵・内海優太、相手も「どこに投げても当てられる感覚」と脱帽したオーラ

第52回明治神宮野球大会(神宮)は21日、高校の部2回戦で広陵(広島)が明秀学園日立(茨城)に5-3で勝ち、4強進出を一番乗りで決めた。1点リードの3回、無死一塁からプロ注目の3番・内海優太右翼手(2年)が右翼席へ2ランを放ち、貴重な追加点で初戦突破に貢献した。

3回、右翼席へ2ランを放った内海優太右翼手【写真:中戸川知世】
3回、右翼席へ2ランを放った内海優太右翼手【写真:中戸川知世】

明治神宮野球大会高校の部2回戦で高校通算14号「すごく感触が良かった」

 第52回明治神宮野球大会(神宮)は21日、高校の部2回戦で広陵(広島)が明秀学園日立(茨城)に5-3で勝ち、4強進出を一番乗りで決めた。1点リードの3回、無死一塁からプロ注目の3番・内海優太右翼手(2年)が右翼席へ2ランを放ち、貴重な追加点で初戦突破に貢献した。

 広陵の主砲が食い入るように白球の行方を見つめた。2-1の3回無死一塁。3番・内海が内角低めの116キロスライダーに反応。「少し崩されたけど、思い切って振り抜けた」。キレのあるスイングですくいあげた打球は右翼ポール際に吸い込まれた。高校の部大会通算300号のメモリアル弾となった。

「(スライダーは)狙ってはいなかったけど、反応でいけた。すごく感触が良かったので、いったかなと」と手応え十分の高校通算14号。打たれた明秀学園日立の右腕・猪俣駿太(2年)も「どこに投げても当てられる感覚があった。オーラがあった」と脱帽したほどだった。

 中国大会決勝でも本塁打。大舞台で“2試合連続”のアーチとなった。17年ドラフト1位・中村奨成(現広島)らを育てた中井哲之監督は「最近バットを振り込めるようになってきて、引っ張るだけでなく左中間やセンターにも放り込める力が付いてきた」と逆方向にも打てるパワーを称賛した。

 一方で、課題もある。「もう少しチャンスに強くなってほしい」と指揮官。この試合も以降3打席はすべて走者のいる場面で凡退。投手もこなし、まだまだ伸びしろがある185センチ、85キロの主砲への期待は大きい。

 甲子園に春夏通算47度出場し、春3度優勝の誇る名門も秋は優勝なし。名将・中井監督は「粘り強くチームが一つになって頑張ってくれたことが勝因。神宮球場で人工芝ということもありましたし、選手は非常に緊張していたけど、守るところをしっかり守ってくれた」と初戦を振り返った。

 23日の準決勝は高知(高知)と花巻東(岩手)の勝者と対戦。「出来ることを精一杯出し切りたいと思います」と指揮官は言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部・中戸川 知世 / Chise Nakatogawa)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集