[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

神村学園、自慢の攻撃が沈黙 4強ならずで見つけた課題「個で打開できる力が必要」

自慢の攻撃力が沈黙させられた。全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は19日に準々決勝を行い、神村学園高校(鹿児島)は1-3で米子北高校(鳥取)に敗れて4強入りを阻まれた。FW福田師王、MF大迫塁という年代別日本代表を経験している2人の2年生を中心に配置し、流動的なポジショニングでサイドから攻撃を仕掛けていく神村学園の攻撃は、魅力的だ。しかし、この試合では、米子北が伝統としている堅守速攻に苦しみ、持ち味を発揮させてもらえなかった。

厳しくマークされた神村学園・福田【写真:平野貴也】
厳しくマークされた神村学園・福田【写真:平野貴也】

全国高校総体・サッカー男子、米子北に敗戦

 自慢の攻撃力が沈黙させられた。全国高校総体(インターハイ)のサッカー男子は19日に準々決勝を行い、神村学園高校(鹿児島)は1-3で米子北高校(鳥取)に敗れて4強入りを阻まれた。FW福田師王、MF大迫塁という年代別日本代表を経験している2人の2年生を中心に配置し、流動的なポジショニングでサイドから攻撃を仕掛けていく神村学園の攻撃は、魅力的だ。しかし、この試合では、米子北が伝統としている堅守速攻に苦しみ、持ち味を発揮させてもらえなかった。

 攻撃の神村学園、守備の米子北という対照的なカラーを持つ2チームの対戦だったが、試合の立ち上がりから米子北がロングボールとハイプレスで押し込むことに成功。セカンドボールを回収してサイドに散らし、クロスボールで次々に襲い掛かった。神村学園は、前半12分にロングパスを放り込まれたところからドリブルシュートを決められて失点。さらに前半終了間際にもコーナーキックから追加点を許した。前半は風上に立ったが、地上戦を得意とする神村学園にとっての利は少なく、逆に米子北はロングボールやクロスボールがうまく押し戻されて神村学園の最終ライン裏を急襲することに成功した。

 もちろん、神村学園がボールを奪って押し返す場面もあったが、米子北は、相手にボールをコントロールされると、ハイプレスを止めて中盤のブロックで対応。神村学園の主将を務めるDF抜水昂太(3年)は「サイドが起点になるので、サイドで突破できないとチャンスにならないけど、しっかりと縦を対応されていた。相手のサイドバックをボランチやセンターバックにカバーされて、やりたいことを止められた」と悔しがった。

 神村学園は、突破力のある左MF篠原駿太(3年)がドリブルを仕掛けたが、米子北はサイドバックが飛び込まず、中へ入ろうとするところをセンターバックやボランチが対応。守備ブロックで二重の壁を作って神村学園の攻撃を封じ込めた。そして、後半11分には米子北のFW福田秀人(2年)が追い風に乗ってドリブル突破のこぼれ球に追いつき、GKをかわして3点目を獲得。勝利を決定づけた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集