[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“最強の公立”大津が盤石8強、一瞬のスキつくCKから決勝点「あれは選手のアイデア」

じっくりと確実に相手を弱らせ、きっちりと仕留めた。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は18日に3回戦を行い、大津(熊本)は2-0で高岡第一(富山)を破って8強入りを決めた。

森田(右端)、川口(中央7番)の意表を突いたセットプレーから日高(左端)が先制点【写真:平野貴也】
森田(右端)、川口(中央7番)の意表を突いたセットプレーから日高(左端)が先制点【写真:平野貴也】

高校総体サッカー男子、高岡第一を2-0で破り準々決勝へ

 じっくりと確実に相手を弱らせ、きっちりと仕留めた。全国高校総体(インターハイ)サッカー男子は18日に3回戦を行い、大津(熊本)は2-0で高岡第一(富山)を破って8強入りを決めた。

 焦らず、急がず、着実な攻略だった。前半は、一方的にボールを支配する展開となったが、多くの決定機を生み出したわけではなかった。しかし、敵陣でパスを回して相手守備のズレを少しずつ大きくしていった。それでも、決め切れずにいればピンチも訪れるものだが、後半に入ると、疲労で思考能力が低下した相手に対し、鋭い判断から一撃を見舞ってゴールを陥れた。

 後半12分、左コーナーキックを得ると、まだ相手が準備していない一瞬の隙を突いて、森田大智(3年)がショートコーナーでプレーをリスタート。MF川口敦史(3年)からリターンパスを受けてゴール前のファーサイドへセンタリングを送ると、身長191センチのFW小林俊英(2年)が頭で折り返し、DF日高華杜(3年)がヘディングシュートをたたき込んで先制に成功した。

 高岡第一の5バックの中央に位置取り、前半はセンタリングを何度も弾き返していたDF四柳亨丞(3年)が「多分、相手の味方も分かっていなくて、キッカーとショートコーナーを受けた選手しか気づいていなかったと思います。普通にコーナーキックをゴール前に蹴ってくると思っていて、全員がだまされて準備が遅れて、相手の方が一歩反応が早くてやられました」と認める、

 完ぺきなタイミングのズレだった。自身の判断でプレーを再開させた森田は「本当は川口が蹴るんですけど、結構、相手が準備していなかったので(早く)リスタートしようかなと思った」としてやったり。大津を率いる山城朋大監督も「あれは、選手のアイデア。森田が自分で気づいてやったもの」と称賛したプレーだった。

 高岡第一は、シュートゼロに終わった試合で攻撃の形がまったく作れずにいただけに、失点ゼロが心の支え。それを崩す大きな先制点だった。大津は後半25分に川口がミドルシュートを決めて追加点も奪い、スコアこそ決して派手ではないものの、ノーリスクの完勝劇に持ち込む強さを見せた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集