[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元サッカー少年が陸上100mで狙う全国制覇 市立船橋で急成長した3年生が10秒38切りへ

全国高校総体「インターハイ」が北信越で2年ぶりに開催される。コロナ禍にめげることなく、さまざまな「あきらめない」を持った出場校や選手を紹介する連載「できっこないを、やる夏だ」。第2回は7月28日に開幕する陸上の市立船橋(千葉)の守祐陽(3年)。元サッカー少年が高校で急成長し、最後の夏に初めて挑むインターハイ。自己ベストとなる10秒38切り、そして日本一を目指す。(文=THE ANSWER編集部)

インターハイで自己ベスト10秒38切りを目指す市立船橋・守祐陽【写真:松橋晶子】
インターハイで自己ベスト10秒38切りを目指す市立船橋・守祐陽【写真:松橋晶子】

連載「できっこないを、やる夏だ。」第2回 市立船橋陸上部3年・守祐陽

 全国高校総体「インターハイ」が北信越で2年ぶりに開催される。コロナ禍にめげることなく、さまざまな「あきらめない」を持った出場校や選手を紹介する連載「できっこないを、やる夏だ」。第2回は7月28日に開幕する陸上の市立船橋(千葉)の守祐陽(3年)。元サッカー少年が高校で急成長し、最後の夏に初めて挑むインターハイ。自己ベストとなる10秒38切り、そして日本一を目指す。(文=THE ANSWER編集部)

 ◇ ◇ ◇

 高校生になって急激に成長した高校陸上界のエースが千葉・市立船橋にいる。「明るく育ってほしい」と名付けられたという守祐陽は、「楽しみですね」と初めてのインターハイに挑む。

 守の走りの特徴は、スタートして顔が上がり始めてから後半にかけての急激な伸びだ。

「最近は、区間でいうと、スタートから20~40メートルぐらいのところでグンとスピードが上がる感じがあって。昨年まではそこが安定しなくて、レースがうまくいかなかったりしたんですけど、3年生になってからは安定してきて、今はそこが自分の強みです」

 顔を上げるタイミングはやや遅め。「以前は顔を上げるまでの歩数を決めていて、いきなり顔を上げていましたが、一気にスピードが上がってしまうと後半に体力がなくなってしまうので、今は自然なタイミングで顔を上げるように変えました」と明かす。

【動画】「自分はやっぱり陸上が好きなんだって思った」 市立船橋陸上部と守祐陽に密着した応援ムービー

 地面を強く押しすぎると足が後ろに流れてしまうことを考慮し、地面を押す強さや力を入れるタイミングなど、体作りを行う冬場にしっかりと調整。今ではもう「別もの」の感覚があるという。

 自己ベストは10秒38。「正直ちょっと驚いた」というタイムは、インターハイ千葉県予選の準決勝で叩き出された数字だが、「しっかりと1本を走り切ろうと思って、余裕を持って後半をリラックスして走った」ことが記録につながった。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集