[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • だから、前橋育英は勝てた 悔し涙が生んだ“合言葉”「あの敗戦があったから…」

だから、前橋育英は勝てた 悔し涙が生んだ“合言葉”「あの敗戦があったから…」

「全ては昨年の選手権決勝から始まった」。それが今大会において、前橋育英の選手や監督が口を揃える“合言葉”だった。

悲願の初優勝を達成した前橋育英【写真:編集部】
悲願の初優勝を達成した前橋育英【写真:編集部】

屈辱の0-5惨敗から1年…前橋育英が流通経大柏に1-0勝利、悲願の初優勝を達成

「全ては昨年の選手権決勝から始まった」。それが今大会において、前橋育英の選手や監督が口を揃える“合言葉”だった。

 第96回全国高校サッカー選手権は8日、埼玉スタジアム2002で決勝が行われ、前橋育英(群馬)がインターハイ王者・流通経大柏(千葉)を1-0で下し、初優勝を飾った。

 2年連続の決勝進出で悲願を成就させた前橋育英。試合後の記者会見、山田耕介監督は優勝を振り返ると、1年前の試合を引き合いに出した。

「0-5というのは、本当に強烈だった。練習試合でもあんなことはなかった。あの敗戦を、絶対に忘れるなよと言ってきた。緩くなって忘れそうになる度に、あの映像を見せつけていた」

「あの敗戦」とは、昨年の決勝のこと。青森山田(青森)に0-5とよもやの大敗を喫し、準優勝に終わっていた。悲劇的な結末。しかし、屈辱の惨敗が前橋育英を変えた。

「この1年間、『対戦相手は全てあの時の青森山田だと思え』と監督に言われ続けてきた。自分にとっても、あの衝撃の敗戦は、サッカー人生の転機だった。あの決勝を忘れずに辛いことも苦しいことも乗り越えてきた。私生活も全員が律した。そして、あの敗戦で自分はキャプテンを務めていく覚悟も決めた」

 6日に決勝進出を決めた際、主将を務めるMF田部井涼は、リベンジを果たすべく歩んできた1年間を、そう回想していた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー