[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ついに4強出揃う! 山梨学院―帝京長岡、矢板中央―青森山田が9日に決勝かけ激突

第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われた。駒沢陸上競技場では24年連続26度目の出場となった青森山田(青森)が堀越(東京A)に4-0で勝利し、3年連続の準決勝進出を決めた。この他、矢板中央(栃木)、山梨学院(山梨)、帝京長岡(新潟)が4強入りを果たした。

準決勝進出を決めた青森山田【写真:城福達也】
準決勝進出を決めた青森山田【写真:城福達也】

第99回全国高校サッカー選手権・準々決勝

 第99回全国高校サッカー選手権は5日、首都圏2会場で準々決勝が行われた。駒沢陸上競技場では24年連続26度目の出場となった青森山田(青森)が堀越(東京A)に4-0で勝利し、3年連続の準決勝進出を決めた。この他、矢板中央(栃木)、山梨学院(山梨)、帝京長岡(新潟)が4強入りを果たした。

 前回大会準優勝の青森山田は、29年ぶりの選手権出場となった堀越を圧倒。前半14分にCKからDFタビナス・ポール・ビスマルク(3年)が右足で先制点を奪うと、FW名須川真光(2年)らも得点。前半だけで4-0とリードを奪い、危なげなく勝利をものにした。

 山梨学院はJ内定4選手を擁する昌平(埼玉)に1-0で勝利。前半7分にFW久保壮輝(3年)がヘディングで決めた1点を守り抜き、優勝候補を下して11年ぶりのベスト4進出を果たした。矢板中央は途中出場したMF小川心(3年)の先制ゴールなどで、堅守を誇った富山第一(富山)に2-0で勝利。2年連続の4強入りとなった。

 帝京長岡はFW葛岡孝大(3年)の先制ゴールなどで、選手権5度の優勝を誇る強豪・市立船橋(千葉)に2-1で勝利。昨年に続き、選手権の同校最高成績となる準決勝進出を果たした。準決勝は9日に埼玉スタジアム2002で開催予定で、対戦カードは山梨学院―帝京長岡、矢板中央―青森山田となっている。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集