[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“赤い彗星”東福岡、桐蔭学園に2-0初戦突破 注目の伝統校対決でFW日高が技あり2G

第99回全国高校サッカー選手権が31日、首都圏8会場で一斉に開幕。等々力陸上競技場では2年ぶり21度目の出場となった東福岡(福岡)が桐蔭学園(神奈川)に2-0で勝利。FW日高駿佑(3年)の2ゴールを挙げる活躍などで2回戦進出を決めた。

この日2得点目を決めた東福岡・日高駿佑(中央)【写真:中戸川知世】
この日2得点目を決めた東福岡・日高駿佑(中央)【写真:中戸川知世】

第99回全国高校サッカー選手権が開幕

 第99回全国高校サッカー選手権が31日、首都圏8会場で一斉に開幕。等々力陸上競技場では2年ぶり21度目の出場となった東福岡(福岡)が桐蔭学園(神奈川)に2-0で勝利。FW日高駿佑(3年)の2ゴールを挙げる活躍などで2回戦進出を決めた。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、今年度は史上初めて夏のインターハイが中止に。苦しい時期を乗り越え、48代表校の檜舞台が始まった。開会式は規模を縮小して実施。試合は保護者、学校関係者、応援団のみが観戦する中で行われた。

 選手権優勝3度を誇る東福岡と、3年ぶり10度目の出場となった桐蔭学園。伝統校同士の対戦で先制したのは東福岡だった。前半35分、GK原勇輝(3年)が好守で失点を防いだ直後、左サイドからゴール前に出たボールにFW日高駿佑(3年)が好反応。左足で上手くコントロールしたシュートでネットを揺らした。

 日高は前半アディショナルタイムにも、ゴール前で巧みなトラップから左足で得点。前半だけで2ゴールをマークした。追いつきたい桐蔭学園は後半18分、後方からのロングボールをFW長澤圭剛(3年)が上手くシュートするも、GK原にセーブされた。

 試合はそのまま終了。“赤い彗星”東福岡が2015年以来となる選手権制覇へ向けて好スタートを切った。東福岡はこの後に行われる星稜(石川)―作陽(岡山)の勝者と、1月2日に2回戦で戦う。

(THE ANSWER編集部)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集