[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

王者・静岡学園が貫く文武両道 医学部目指し予備校通う部員「Jリーガー支えたい」

第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。サッカーだけではなく、学業も重視しているという同部には、医学部を目指す部員がいた。

医学部を目指す静岡学園の諸田拳(背番号70)【写真:荒川祐史】
医学部を目指す静岡学園の諸田拳(背番号70)【写真:荒川祐史】

諸田拳は昨夏インターハイ後に引退、1月中に医学部受験予定

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。サッカーだけではなく、学業も重視しているという同部には、医学部を目指す部員がいた。

 華麗なパス回しや積極的なドリブル突破が特徴的な“静学スタイル”を貫き、決勝では2点差を大逆転。創立初の単独優勝を果たした静岡学園は、サッカー以外にも大切にしていることがある。

 優勝後、川口修監督は「サッカーだけじゃなくて勉強もやる学校なので、勉強とサッカーをやりたいという生徒がたくさん集まってきた」と明かす。J1鹿島内定のMF松村優太(3年)のように、サッカーの実力で進路を切り開く選手も多いが、今大会4得点のMF小山尚紀(3年)のように一般入試で大学進学を目指す部員も多く、学業もおろそかにはしていない。

 この日、スタンドで優勝を見届けた3年生の中には、医学部を目指す諸田拳がいた。1月18、19日のセンター試験を受験後、1月中に大学医学部の試験を受験するという。準決勝は受験勉強の時間を確保する必要があったため、現地に赴くことはできなかったが、優勝の瞬間を見届けるため、スタンドで声援を送った。決勝が終われば、毎日10時間超の勉強に打ち込む予定だという。「(指導者からは)学校生活をおろそかにするなと言っていただいてきた。一浪してでも頑張りたい」と目を輝かせた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集