[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

決勝で初スタメン&同点弾 静岡学園の2年生FWが得点王に代わり起用された理由

第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。同点ゴールを決めたFW加納大(2年)は本来はエースストライカーながら、故障を抱えていたため今大会初スタメンだった。大一番での起用の裏には、指揮官の直感があったようだ。

同点ゴールを決めた加納大【写真:荒川祐史】
同点ゴールを決めた加納大【写真:荒川祐史】

本来エースも故障で準決勝まで途中出場、指揮官は「僕の直感」と告白

 第98回全国高校サッカー選手権の決勝が13日、埼玉スタジアム2〇〇2で行われ、静岡学園(静岡)が青森山田(青森)に3-2で勝利。両校優勝だった1995年以来、24年ぶり2度目の優勝を手にした。同点ゴールを決めたFW加納大(2年)は本来はエースストライカーながら、故障を抱えていたため今大会初スタメンだった。大一番での起用の裏には、指揮官の直感があったようだ。

 最高の舞台。起用にエースが応えた。1点を追う後半16分、ペナルティエリア前でボールを受けた加納は、エリア内に侵入して左足を一閃。見事にゴール右隅に同点弾を叩き込んだ。右手を上げてベンチへ向かい、チームメートと喜んだ。「利き足じゃない方で打つ練習もしていたので自信があった。絶対チャンスは来ると思っていたので、一発結果を残せば、自分の存在価値を上げることができると思ったので、そこで一発決められたのがよかった」と点取り屋の誇りを感じさせた。

 開幕前に左膝を負傷し、準決勝までスタメン出場はなかった。加納に代わってスタメン出場していたFW岩本悠輝(3年)が今大会の得点王となる5得点をマークしていたこともあり、当初は決勝も岩本が出場することが予想されていた。しかし、川口修監督は「足の状態が非常に良くなってきていた。練習の動きを見て、僕の直感というか、本人の目がギラギラしていて『絶対に俺を使ってくれ』というものが見えた」と12日の練習での姿を見て起用を決断したという。

 また、初戦から5試合を戦ったことで、戦術が相手に分析されていることも考えた。「加納が入ることで真ん中でタメもでき、また違ったリズムが生まれる。ある程度研究されているだろうなというのと、岩本も計算できるので、ジョーカーとして、リズムが悪い時、流れを変えたい時に岩本でいいかなということで」とエースの起用を説明した。

 加納が得点を奪う直前、指揮官は岩本と交代させようと考えていたという。「青森山田さんが縦パスに対して本当に強くて。岩本は裏へ抜け出したり、マークを外す一瞬のスピードがある。準備していた時に点を取ったので(交代を)待ちました。『止めよう』と(笑)」とギリギリの状態で得点していたことを明かした。

 今大会は十分な出場機会があったわけではないが、まだ2年生。足の状態に問題はないという加納は「自分の名前が売れたことで背負うものもあるし、厳しいものが待ち受けていると思うけれど、それをはねのけてこその静学だと思う。今大会は1点しか取れず悔しい気持ちはあるので、来年は得点王を目指して、チームを優勝に導くことを目指したい」と早くも来年を見据る。サッカー王国完全復活には、この男の活躍が必要不可欠になるはずだ。

(THE ANSWER編集部・宮内 宏哉 / Hiroya Miyauchi)

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集