[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

転倒の高木菜那「左脚が言うこときかなくて」 悪夢に悔しさ吐露、最後は涙なく笑顔

北京五輪は19日、スピードスケート最終種目の女子マススタート1回戦が行われ、前回平昌五輪金メダルの高木菜那(日本電産サンキョー)は2組14位で決勝に進めなかった。首位で迎えた最終コーナーで転倒。団体追い抜きに続いて悪夢に見舞われた。1組2位で決勝に進出した25歳の佐藤綾乃(ANA)は8位入賞だった。

女子マススタート準決勝の最終コーナーで転倒した高木菜那【写真:AP】
女子マススタート準決勝の最終コーナーで転倒した高木菜那【写真:AP】

北京五輪スピードスケート女子マススタート

 北京五輪は19日、スピードスケート最終種目の女子マススタート1回戦が行われ、前回平昌五輪金メダルの高木菜那(日本電産サンキョー)は2組14位で決勝に進めなかった。首位で迎えた最終コーナーで転倒。団体追い抜きに続いて悪夢に見舞われた。1組2位で決勝に進出した25歳の佐藤綾乃(ANA)は8位入賞だった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 またもゴール直前だった。高木が先頭で迎えた最終コーナー。残り100メートルほどでバランスを崩し、そのまま壁に激突した。他選手との接触などは見られず。起き上がると、呆然とした表情でゆっくりとフィニッシュした。

 14人が一斉にスタートし、400メートルのリンクを16周する1回戦。途中通過地点のポイントを重ねるなどして順位を争うが、ポイントを奪えていなかった高木は上位3位までにフィニッシュすることが必須だった。

 決勝を見守り、8位入賞だった佐藤の着替えなどを時折笑顔を見せながらサポートした。その後にテレビインタビューに対応。涙はなく、悔しそうにレースを振り返った。

「2シーズンぶりのマススタートで気合いを入れていたけど、なかなか良いレース展開をつくれなかった。どういう風にレースしたらいいかわからない部分がたくさんあった。本当はいい位置について、後ろにつきながら楽にとっていくことをやりたかったけど、なかなか思うような展開にならず、エッジングだったりとかでぶつかってしまったり、左脚が言うことをきかなくなっていた。ラストはもうなんか足にきて転んだというより、スケートが持っていかれちゃった感じ。まあ、そうですね……そういう感じです」

 この種目は20年3月のW杯最終戦を最後に2年近くレースから遠ざかっていた。インタビューの最後に「答えていただいてありがとうございました」と言われると、「ありがとうございました!」と笑顔だった。

 高木は平昌五輪では団体追い抜き、マススタートで2つの金メダルを獲得。今大会は7日の1500メートルで同走の中国選手に進路を阻まれる不運もあり、8位に終わった。15日の団体追い抜き決勝は最終コーナーで転倒し、連覇を逃す銀メダルに大粒の涙。この日の最終種目は雪辱を期すレースだったが、まさかの結果となった。

 妹・美帆は団体追い抜きを含む今大会銀メダル3つに、1000メートルで金メダル。ともに北京五輪を終えた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集