[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「走り」は人をどう幸せにするのか 五輪最終日、“走らず嫌い”の日本人への提案

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。陸上はスプリント指導のプロ集団「0.01 SPRINT PROJECT」を主宰するアテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏と元400メートル障害選手でスプリントコーチの秋本真吾氏が、走りの新たな視点を提案する「走りのミカタ」を届ける。

走ることが人をどう幸せにするのか、その本質に迫る【写真:Getty Images】
走ることが人をどう幸せにするのか、その本質に迫る【写真:Getty Images】

「THE ANSWER的 オリンピックのミカタ」#88

「THE ANSWER」は東京五輪の大会期間中「オリンピックのミカタ」と題し、実施される競技の新たな知識・視点のほか、平和・人権・多様性など五輪を通して得られる様々な“見方”を随時発信する。陸上はスプリント指導のプロ集団「0.01 SPRINT PROJECT」を主宰するアテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏と元400メートル障害選手でスプリントコーチの秋本真吾氏が、走りの新たな視点を提案する「走りのミカタ」を届ける。

 第7回は「マラソンを見て走りたくなった人たちへ」を前後編でお届けする。7日に女子、8日に男子が行われ、盛り上がったマラソン。ランニングブームが日本でも起こる中、普段は走りと縁遠い人も感化され、「走りたい」と思った人がいるだろう。一方で、走りに苦手意識を持ち“走らず嫌い”が多いのも事実。後編は走ることが人をどう幸せにするのか、その本質に迫った。(取材・構成=THE ANSWER編集部・神原 英彰)

 ◇ ◇ ◇

 “走らず嫌い”が珍しくない世の中。伊藤氏と秋本氏は「0.01秒」を突き詰め、走りを通して人が成長する価値提供を目指して「0.01 SPRINT PROJECT」を旗揚げ。延べ数万人の小学生やプロアスリートを指導。今なお、走りを追求し続けている。なぜ、そんなに走ることが好きなのか。

「突き詰めると、速く走っている自分を知っているからだと思います。走りが嫌いな人は速く走れる爽快感、『こんなに速く走って気持ち良い』と味わえないから、きっとつまらない。ただつらいし、速く走れる感覚もないし、面白くない。でも、それは僕もプロ選手選手の内川聖一さん(ヤクルト)の指導の際に野球で感じました。ティー打撃を自主トレでやらせてもらうと、全く球に当たらない、バットを持つ手が超痛い。

『何が楽しいの、これ』と本当に思いました。でも、アドバイスをもらってやったら徐々に当たり出し、『あれ、ちょっと楽しいかも』と。そう思えたのは『できた』からです。やってみて成功し、良い感覚を得て、気持ち良さを感じられたから楽しいと変換できた。これは走りに限らない。本が好きな人、ゲームが好きな人、音楽が好きな人……。すべては気持ち良さや楽しさ、爽快感を感じるポイントを知っているからです。

 例えば、ゲームで強い敵を倒して経験値が増え、レベルが上がった時のあの音を聞いたら楽しくなる人がいる。でも、僕のようにゲームが好きじゃない人は『レベル上げなんてだるい』と思う意識と似ています。根本は全て同じ部分。僕がやる気がないゴルフを勧められて練習しても当たらない。どんどんつまらなくなり、できるまでやらずに終わる。でも、継続してやって当たった時に初めて面白いと思えると思います」(秋本)

「環境によって運動経験は偏るもの。たまたま僕らは陸上競技に触れ、小さい頃に足が速かったという素地があり、この世界に向かってきました。走りが好きじゃない人に目を向けると、そもそも足が遅かったり、ジョギング・ランニングを改めてやるきっかけがなかったりするのだと思います。

 僕らは子供向けのかけっこイベントに呼んでいただく時はいつも『きっかけの提供』と思ってやっています。僕らが発信した情報や僕らと一緒にやった体験がきっかけになって、走るって楽しいな、これからも運動してみようかなという機会の提供ができたらと思い、活動しています」(伊藤)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集