[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「苦手なことも、みんなの個性」 伊藤華英さんが東北の子供たちに伝えた言葉

競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが30日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。17人の子供たちに水泳の楽しさを説いた。

伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」に出演、子供たちに水泳の楽しさを説いた【写真:村上正広】
伊藤華英さんが「東北『夢』応援プログラム」に出演、子供たちに水泳の楽しさを説いた【写真:村上正広】

「東北『夢』応援プログラム」出演、大船渡の子供17人に水泳指導

 競泳の北京五輪、ロンドン五輪代表の伊藤華英さんが30日、岩手・大船渡で行われた「東北『夢』応援プログラム」に出演。17人の子供たちに水泳の楽しさを説いた。

 今年もまた新たな「夢」がスタートした。伊藤さんが協力した「東北『夢』応援プログラム」は、公益財団法人「東日本大震災復興支援財団」が主催し、東日本大震災の被災地の子供たちにトップアスリートがスポーツを指導するもの。それを従来の1日の思い出作りに終わらせず、距離を超えてつながっていくことが、狙いにある。

 遠隔指導ツール「スマートコーチ」を駆使し、動画を通じて子供たちを1年間指導する。参加した子供たちから練習した動画が送られ、それに対し、コーチ役の「夢応援マイスター」を伊藤さんがアドバイスをつけて返信。やりとりを月1回、繰り返しながら水泳の技術向上を目指していく。伊藤さんは参加して4年目。今回は、1年間のスタートとなる「夢宣言イベント」だった。

 少し緊張した空気が漂うプールサイドに17人が整列。実際に伊藤さんが姿を見せると、子供たちは元オリンピック選手の姿に目を輝かせた。「今日から1年間が始まります。1か月ずつ、みんなが成長する姿を見ていきます。楽しくやっていきましょう」と伊藤さんが優しく声をかけると、イベントは水泳クリニックからスタートした。

 17人のレベルはさまざま。まだ25メートルを泳ぐのも難しい子供もいる。伊藤さんはまず、お手本として25メートルをクロールで泳いでみせた。子供たちは、その速さに目を奪われたが、伊藤さんが見せたかったのは、ストロークの大きさだ。25メートルを10回で泳ぎ切った。顔を上げると、こんなことを語りかけた。

「上手に泳ぐためには1回で長く進まないといけません。だから、大きなストロークを目指しましょう」。では、大きなストロークにするためには何が必要か。子供たちから「バタ足」「力強さ」「息継ぎ」と次々と声が上がり、加えて最後に伊藤さんが一番大切なこととして挙げたのが「けのび」だった。

「まずは、けのびをしっかりできるようになりましょう。肘が“お休み”しないように、しっかりとピーンと伸ばして。最初は壁を蹴った瞬間に肘が曲がり、顔が上がってしまいがち。それでは進まないので、顔をしっかりと腕と腕の間にしまってください。足の裏はしっかりと天井の方を向いているように」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
FIBAバスケットボールワールドカップ2019 日本代表戦・全試合ライブ中継
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集