[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、混合400mリレー日本新で7位 銀メダリスト松元喜び「新記録を目指していた」

五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日から熱戦が続いている。第7日(27日)の混合400メートルリレー決勝で、日本(中村克、松元克央、大本里佳、佐藤綾)は3分24秒67の日本新記録で7位となった。米国が3分19秒40で優勝した。

男子200メートル自由形で日本人初の銀メダルを獲得した松元克央【写真:Getty Images】
男子200メートル自由形で日本人初の銀メダルを獲得した松元克央【写真:Getty Images】

中村、松元、大本、佐藤の4人で奮闘

 五輪を超える規模で2年に1度行われる水泳の“世界一決定戦”、世界水泳(韓国・光州、テレビ朝日系で独占中継)の競泳が21日から熱戦が続いている。第7日(27日)の混合400メートルリレー決勝で、日本(中村克、松元克央、大本里佳、佐藤綾)は3分24秒67の日本新記録で7位となった。米国が3分19秒40で優勝した。

 非五輪種目だが、予選は男子の松元と中村、女子の青木智と佐藤の順で泳ぎ、3分25秒41の全体7位で決勝進出。青木智に替え、大本を起用して挑んだ日本は、男子の中村と松元が5位でつなぎ、女子の大本とアンカー佐藤で2つ順位を落として7位となったが、前回大会(松元、中村、池江、五十嵐)の記録を0秒11更新し、堂々の日本新記録だ。

 男子200メートル自由形で日本人初の銀メダルと獲得した松元は「日本新記録を目指していたので、それが出せたのがすごく良かった」と喜んだ一方で「もう少し自分が力になれたら良かった」と反省も口を突いた。中村は「トータルで4人で記録を上げたいと話していた。4人で力を合わせて上げられて良かった」と安堵した。

 混合400メートルメドレーリレーで自身の引継ぎミスで失格となっていた大本は「もうミスは絶対にできないので、確実に行った。この前みたいにリスクを負っては飛べないし、明日(女子400メートルメドレーリレー)ももちろんそうなんですけど、そこで零コンマ何秒を縮めるより、泳ぎでカバーできればと思っていた」と振り返った。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集